旅1906 乗りヒコーキでJAL、LATAM、QANTASのビジネスクラスとニュージーランド 2泊5日4区間

スポンサーリンク
旅行計画

乗りヒコーキ好きのみなさん、こんにちは!

2019年に入り、生活に大きな変化があり旅活動を自粛していましたが、ついに海外に飛ぶことができました。(←国内旅行はしていた)

スポンサーリンク

キウイバードにあいたい! – CONCEPT

EK449 First Class

早速ですが、こちらの写真を覚えていますか。
そう。半年前に世界最長のA380ファーストクラス路線に搭乗した際に、旅のお供としてオークランド空港で購入したキーウィバードです。

一度くらい本物のキーウィも見てみたいというシートン的な欲求が沸きあがり、本来予定していたタスマニア旅行を急遽変更。

弾丸ニュージーランド&オーストラリアの旅を思いつきました。

ヒコーキ – FLTIGHT

出発1週間前に旅程を確定させたので、ルート選定を行える余裕もなく前回の旅程の焼き直しです。
一番乗りたかったLATAMのエコノミークラスには結局乗れず、ビジネスクラスに。

第一区間 – 成田→シドニー

この東京→シドニー区間は安心の日本航空便を利用。

昨年JALで発券していた(16万円+諸税4.3万円)のプレエコ運賃の復路です。

第二区間 – シドニー→オークランド


続いての2区間目はLATAM航空のビジネスクラス(Z)運賃をAUD 398.08(30,554円)で新規購入。

別切りチケットのため、JAL便が遅れた場合は接続保証はありません。

この区間、もともとはエコノミーで購入予定でしたが、運賃が高騰しており安いときだと15,000円程度のものが22,000円になっていました。

このエコノミーに22,000円払うくらいなら、タイミングよく30,000円ちょっとで放出されていたビジネスクラスを購入することにしました。

しかも、変更やキャンセルのペナルティがないノーマルZ運賃です。価格設定ミスを疑ってしましまいますね。

ちなみに、シドニー⇔オークランドの運賃をチェックしていたところ、だいたい3週間前を切ると各社とも値段が.1.5~2倍に膨れあがるので、早めの予約が良いですよ。

第三区間 – オークランド→シドニー


オークランド→シドニーは、カンタス便のビジネスクラスを20,000AVIOS+4,750円で入手。

ちょうどAVIOSの改悪が発表されたタイミングだったので、お得なレートでの交換にギリギリ間に合いました。

カンタスの片道ビジネスクラスは、早売りの状態でも片道4万円くらいとお高いのでマイルで仕入れるとコスパが良くなると思います。

第四区間 – シドニー→東京羽田

昨年発券していたカンタスの東京→オーストラリアのビジネスクラス往復(65,000JALマイル+諸税3.3万円)の復路を流用。

機材は退役が噂されている、2階建てのQANTASジャンボ(B747)です。

ホテル – LODGING

夜着の旅程が多い今旅は、レイトチェックアウトをうまく活用したいところ。

少しでもレイトチェックアウトできる確率を高めるためにプラチナ会員になっているIHG系のホテルで予約しました。

CROWNE PLAZA AUCKLAND

SKYBUSの停留所から徒歩3分という立地が決め手。

HOLIDAY INN SYDNEY AIRPOIRT

夜の到着のため移動が面倒だったのと前回の滞在では諸事情で一般会員レベルで泊まるハメになったので、プラチナ会員として改めて宿泊してみます。

観光 – ACTIVITY

今回の旅行の最大の目的はオークランド動物園にて、キウィバードを見ることです。
午前中からこの動物園に時間を割いておきました。4時間で回りきれるのか!?

最終旅程 – ITINERARY

日程 予定 移動マイル
1日目 JL771 成田→シドニー(機内泊) 4,683mi
2日目 LA800 シドニー→オークランド
クラウンプラザ オークランド
1,342mi
3日目 QF オークランド→シドニー
ホリデイイン シドニーエアポート
1,342mi
4-5日目 QF シドニー→東京羽田(機内泊) 4,683mi

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました