ヒコーキ旅とVENEX – 疲労リカバリーウェアのベネクスで休息しながら目的地へ

スポンサーリンク
VENEX 2way 旅道具

色々なメディアで「着用するだけで疲労回復」と紹介されている、VENEXリカバリーウェアという商品があります。

本当に紹介通りの効果なら、エコノミークラスの長時間のフライトでも到着するまでに疲れるのではなくて、むしろ気力体力が満充電の状態で現地に到着できるかもということで、2年前に色々調べて購入していました。

それからの2年以上の旅行中に、なんだかんだでVENEXのネックウォーマーを毎回装備して旅していたので人に話せるほどの経験も溜まってきました。
エコノミークラスで疲れている人の参考にでもなればいいなぁと思い、VENEXの紹介記事でも書いてみます。

スポンサーリンク

エコノミークラスを快適に過ごしたい問題

「飛行機での移動が嫌いだ」という人の理由のひとつに”長時間狭い座席に閉じ込められる”からというのはよく聞きます。

特にエコノミークラスの場合は、ほんの僅かなことでも疲労度合いが異なりますのでド満席のLCCを利用した日には飛行機嫌いになるのも無理からぬことだと思います。

誰でも長時間のフライトは少しでも快適に過ごしたいということで、旅ブログ等でよく紹介されている方法は

  • 夜便やロングフライの前にシャワーを浴びる
  • 真ん中席を避けて通路側、隣の空いている席や足元の広い席を指定する
  • 疲れたら機内を散歩する
  • アイマスクやネックピローを用意して意識を飛ばす(=寝る)
  • アルコールを飲んで意識を飛ばす(←オススメしません)

・・・こんな感じではないでしょうか。

これらの方法に共通しているのは、いかに疲れなくするかという予防的な行動です。

疲労を抑えるのではなく、疲労を回復させるって、どういうこと?

今までのアプローチは疲労しないような予防的な方法がメインでしたが、VENEXは全く逆のアプローチで、着用しているだけで身体がリラックスして疲労から回復するというものです。

これが実現できるのであれば、飛行機で目的地に着いたときには疲労も消え去り気力体力がフル充電された状態と言えます。

つまり、現地到着時からガンガン歩きまわれるので、時間を有効に使いたい弾丸トラベラーにとっては、まさに待ち望んだ最高のアイテムだと思います。

ベネクスの疲労回復の仕組みは?

VENEX
そのVENEXの疲労回復の仕組みはどうなっているかというと、貴金属のプラチナを練りこんだ特殊素材DPV576を利用したPHT繊維がリラックス(=体力回復)に強く関与する副交感神経を刺激した結果、身体が休養モードに切り替わり着用時に疲労がどんどん回復しやすくなるというものです。

要は、プラチナ金属が肌に触れると副交感神経が優位にたち身体が強制的に休養モードに入るということだと思います。
(プラチナといえば、人体に安全かつ強い抗酸化作用があるため、アンチエイジング系の美容液や健康食品に配合されていたりしますね)

効果が出る人はリラックスしすぎて寝てしまうので「運転中の着用はお控えください」と公式サイトに注意書きが出ているレベルです。

2年前はそんな特殊素材の話を聴いたことはなかったので、クソ怪しい!と思ってましたが、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで紹介されたといえば、日経信者のリーマンなんかは謎の権威を感じて「へぇ~」と思ってしまうのではないでしょうか。

ダメ押しで、VENEX社x東海大学x神奈川県との産学公連携プロジェクトで開発した特殊素材というのも怪しさの払拭に一役かっており、パチモンにうるさそうな三越伊勢丹デパートを始め、鉄道系デパートなんかでも最近は取り扱いしているというのも信憑性アップにつながっていると思います。
昨年にはJALの機内販売誌にもJALオリジナルセットのVENEXがデビューしてましたね。

2年以上使ってきたVENEX(ベネクス)の効果は?

VENEX

うーん、わかりません(笑)
効いているのかな??という状況ですがこの2年間のうちにネックウォーマー、2wayコンフォート、リカバリークロス、足首ウォーマー、リカバリーウェアと5商品を使うようになりました。
(旅行時に持っていくのは、ネックウォーマー(2Wayコンフォート)、リカバリークロス、リカバリーウェアだけ)

実際着用しエコノミーに搭乗して、機内で消耗しきって現地ついたらクタクタだったということが無くなったので、効果あると言えなくもないのかもしれません。
技術進歩で機内環境が良くなったというのも影響している可能性もあるので、100パーセントVENEXのおかげとは言えないですけどね。

自分で言ってなんですが信じる者は救われる状態ですね。。

VENEXのコスト

単純にコストで考えた場合にVENEXのネックウォーマーは一番安いものだと1,620円で手に入ります。
欧州・北米までの片道12時間、往復24時間とすると1時間あたり68円で疲労回復効果のあるプラチナ素材が手に入るならクソ安いとすら思っています。

しかも消耗品ではないので飛行機の中だけでなく、ホテルや自宅でも利用できます。

一方、リラックス効果うんぬんは別にして海外エアラインや海外空港の極寒エアコン設定は日本人にはつらすぎるので、ヒコーキ旅にネックウォーマーは必需品です。

VENEXのネックウォーマーなら、デザインもダサくはないので小物にも気を使っている感が出ますし、ヒートテックのような機能性ウェアと考えればアリですよね。

そして機内や空港だけでなく、意外に役立つのが海外のショッピングモールなんかです。
海外のショッピングモールのエアコンは20度以下に設定されているのか、日本人には寒く感じることが多く、保温するモノがないと本気でツライです。

太い血管が流れている首周りさえ保温しておければ、多少は薄着でも体感温度は暖かく感じるため、熱帯の国に厚着を持っていくと荷物になって邪魔ですが、コレならバッグの隙間に突っ込めて嵩張らないというメリットもあります。

お試し価格で買える、本の付録としてのVENEXネックウォーマー

効果がある可能性を信じるにしても、いきなり1万円オーバーのリカバリーウェアは、効果がなかったときを考えると踏み出せないというのはよく分かります。私もそうでした。

そこでオススメしたいのが、本のオマケとして付いているVENEXネックウォーマー(1,620円)です。

失敗してもあまり気にならない価格な上に、信頼のMADE IN JAPANです。
ユ●クロの中華製ネックウォーマーが1,000円くらいだということを考えると安いと思います。何よりこの価格で日本製です。

この本の付録版の長所は送料込み1,620円という安さと、消耗品とは異なり洗っても効果が落ちたりせず永続的に使えることからコスパは最高です。

短所は採算ギリギリなのか、付録版は女性向けのワンサイズのみという点です。

サイズでいうと、シャツの首周りが40サイズを超える男性には少々厳しいと思いますので、届いたら無理やりひっぱって生地を伸ばして使いましょう。
ただあまり伸びる生地ではないので、ふくよかな方にはある意味賭けになるかと思います。。

どうやってもサイズが合わなかった場合は、手首に二重に巻いてリストバンドとして使ってください。
私も暑いときには、付録版を首から外して手首にまいてます。

お得にVENEX 2wayコンフォートを買う方法

VENEX 2way
ネックウォーマーの付録版ではない、正式版がVENEX 2Wayコンフォートです。
2Wayコンフォートはサイズ調整機能があるので、首周りが逞しい人でも安心して着用できますし、帽子やアイマスクとして使うこともできます。

ちなみに税込み3,888円でどの店でも横並び価格です。

これに限らずVENEX製品は談合か知りませんが、謎の販売価格統制があり定価からの値下げを一切しないのでイラつきます。

少しでも安く手に入れるなら、ポイントが付与されるAmazon、楽天市場、Yahooショッピング等のオンラインで購入できるとポイント分はオトクです。
※Yahooショッピングは中華出店者が定価以上で販売している例もあるので、3,888円以上で買わされないようにお気をつけください。

ベネクス VENEX 2WAYコンフォート
VENEX ( ベネクス )
¥ 3,888(2018/11/05 21:00時点)
ネックウォーマーとしてもキャップとしても使えます

ベネクス VENEX 2WAYコンフォート ライト (ネイビー)
VENEX(ベネクス)
¥ 4,860(2018/11/05 21:18時点)
通気性・吸水性が高いメッシュ素材のamazon限定品

幅広い応用力を求めるならリカバリークロス!!

VENEX RECOVERY CROSS
自宅でも旅行でも大活躍しているのがVENEX リカバリークロス6101です。
リカバリークロスの利点はその多機能さで、これ1枚でネックウォーマー、肩掛け、ひざ掛けとマルチに活躍します。
長距離移動機内での睡眠時や深夜の寒い空港では特に活躍します。

8,640円(税込)といいお値段しますので、他の比較的安価なVENEX製品で効果を実感してからの購入がよいでしょう。

自宅用なら本の付録でしか手に入らない足首ウォーマーが最高

自宅でリラックス用に使うなら本のオマケでついてくる足首ウォーマーが特にオススメです。

なぜオススメかというとネックウォーマーやリカバリークロスに比べて休養効果を実感しているからです。
この効果の差は服の上からではなく、直接肌に接しているからかもしれません。

何故か足首ウォーマーをつけると、ぐっすり眠れて目覚めスッキリなんですよね。

そういうこともあり、末端冷え性でエアコン設定28度にしても足先が冷たくなる自分には、就寝時の必須アイテムです。
冷え性で悩む会社の女の子に教えたら、かなり効果があったらしく後日追加でもうひとつ買った!と報告を受けました。
教えた情報で喜んでもらえると、紹介した甲斐があって嬉しくなりました。情報通ぶれますし(笑)

そしてファイテンへ・・・


JALがプラチナを利用したベネクス推しなら、ANAはチタンを利用したファイテンのRAKUWAコラボモデルを何年も機内販売していましたのでファイテン推しだと思われます。

ファイテンの特徴はチタンを溶かした特殊繊維で体内の生態電流を整えた結果、スポーツ等の活動中のパフォーマンスを改善するかも!といううんちくで、フィギュアスケートの羽生結弦選手、国内のプロ野球選手、海外メジャーリーグ選手なんかにRAKUWAの愛用者がいます。

VENEXが休養専用ならファイテンは活動専用というワケで、旅先でガンガン動き回る人はつけておくとメリハリが効いてよいかもしれません。

こんなよく分からないものに、お金は使いたくないと思う自分のような人には、素材をケチって学生でも買える907円を実現したという楽天市場ファイテンショップ限定RAKUWAがオススメです。(他のファイテンショップでは売ってません)

私はよく海外ホテルのバスルームにRAKUWAを置き忘れてきてしまうので、紛失前提で旅行用はコレにしようかと思っています。(これまで3本くらい失くした)

ファイテン 直営店限定 RAKUWAネック ゼネラルモデル  【メール便OK】 50cm 留め具レスタイプ ネックレス 全5色
伸縮性バツグンなので着けやすく、 3重巻きで手首に装着、2重巻きで足首に装着したりとアレンジ自在!

ちょっとお得に手に入れるファイテン情報

ちなみに楽天のファイテンショップはアウトレットも扱っているのでタイミングがあえば、3,000円くらいのRAKUWAが半額以下の1,000円代で手に入ります。

ファイテン アウトレットセール会場

また、ファイテン公式サイトでの夏冬のアウトレットセール(2017年度は7月下旬と12月下旬から実施)と、年末年始の福袋(3万円分の商品が1万円で手に入る)だけは忘れずにチェックです。


【8月20日まで】弾丸トラベラーのみんな! 今年もファイテンの半額セールが実施中です
健康ヲタクにはもちろん、ANAとコラボモデルを出していたので機内販売好きにも知名度のあるファイテン。 そんなファイテンが今年の夏も半額セールを実施しています。 過酷な弾丸旅行やエコノミークラス等が多く少しでも快適に空の旅をすすめたい...

最後に

ベネクスだけじゃなくて、ファイテンにまで話が及んでしまいましたが、この手の商品は大学なんかと共同研究して一見科学的に見えるデータを出したりしているものの「※効果は個人の感想です。」と注釈が入るようなあいまいな効果です。

ただ、あいまいな効果でも本の付録版であれば1,620円からで済むレベル。

ヨーロッパや北米までの12時間を、1時間あたり135円で疲労が回復する可能性にワンチャンスかけてみるのもアリだとは思います。(効果を感じられる人であれば最高の旅グッズですし。)

この記事を読んで少しでも快適なエコノミークラス旅行の一助になれば紹介した甲斐があります。


最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント