宿 インターコンチネンタル メルボルン クラブルーム | INTERCONTINENTAL MELBOURNE THE RIALTO

スポンサーリンク
InterContinental MELBORUNE 2018年11月:メルボルン弾丸旅行1泊4日~JALとカンタスのビジネスクラス乗り比べ~

インターコンチネンタルメルボルンは、商取引所として使われた19世紀の建物(重要文化財)を利用したホテルで雰囲気は抜群。
重要文化財の重厚感と、改装したモダン部分が妙にハマっていて本当にカッコイイ建物です。

スポンサーリンク

InterContinental MELBOURNE THE RIALTOへのアクセス

InterContinental MELBOURNE
メルボルン空港からSKYBUSでSOUTHENCROSS駅へ到着。
SKYBUSのホテルシャトル(SKYLINK)で送迎もしているようですが、ピンポイントの送迎ではなくルート送迎のため次の乗車まで15分くらいかかり他のホテルも経由しながらとのこと。

サザンクロス駅前はフリートラムゾーンのためトラムに乗っても5分もしないし、歩いて行っても10分しないので、周辺のお店をチェックしながら歩いてホテルへ向かいました。

チェックイン

InterContinental MELBOURNE

Nさん
Nさん

ちょっと早く着いたけどチェックインできますか?

IC
IC

すぐに入れる部屋を探してみますのでお待ちください。
・・・1時間程で用意できます。
クラブラウンジでお待ちになりますか?

Nさん
Nさん

わかりました。
カジノで遊んでくるので、部屋が用意できたら荷物を運んでおいてもらえますか。

超アーリーチェックインは出来ませんでしたが、昼前には用意してもらえるようです。

InterContinental MELBOURNE
11時前にホテルに戻って鍵をゲットして、部屋へ向かいます。

InterContinental MELBOURNE
エレベータはモダンなグレー。
階段はレンガと外灯の雰囲気が好きすぎる。。

InterContinental MELBOURNE
そして、エレベータを降りるとアトリウムが最高にカッコイイ。
いや、ブラッディ!

KING CLUB RIALTO

InterContinental MELBOURNE
今回は3階(日本の4階相当)の部屋でした。
落ち着いた雰囲気の廊下を進むと、CLUB INTERCONTINENTAL ROOMの表示がある部屋に到着。

InterContinental MELBOURNE
避難経路を確認すると、アトリウムに面した部屋の中では窓3枚もある一番広い部屋のようです。

InterContinental MELBOURNE KING CLUB ROOM
InterContinental MELBOURNE KING CLUB ROOM
室内はクラシックな雰囲気。
天井まで届く窓も雰囲気だしてますね。

InterContinental MELBOURNE
細部は現代的にリノベーションされています。
電源はオーストラリアO型、USBコンセントもなしと、そのままでは充電しながらベッドをスマホを弄ったり出来ずに使い勝手は悪く感じました。

今回、変換プラグを忘れてきたのでホテルで無料貸出しをしているか聞いてみたら、ミニバーにあるものを買って使ってといわれました。。

室内設備

InterContinental MELBOURNE
ベッドの反対側は、ミニバーやデスクのあるエリアになっています。

InterContinental MELBOURNE
TWGのお茶にネスプレッソと少し微妙。
メルボルンなんだからT2のお茶にしておいて欲しいと思うのは自分だけでしょうか。。

InterContinental MELBOURNE
デスクは湾曲していますが作業エリアは十分。
iPadが室内備品としておかれており、紙のホテルディレクトリはおいておらずiPadで電子化されています。

InterContinental MELBOURNE
このiPad充電器部分にUSBポートがあったため、このポートからスマホの充電を行えます。
これを発見したお陰でミニバーのダサくて高い変換プラグを買わずに済みました。

AMBギフト

InterContinental MELBOURNE
AMB特典の水とフルーツが届いていました。

インターコンチネンタルメルボルンのアンバサダー向けギフトは、チェックイン時にブックマークまたはカラーステイから選べました。

眺望

InterContinental MELBOURNE THE RIALTO
インターコンチネンタルメルボルンはWINFIELD棟とRIALTO棟の2棟からなっており、その間はグラスアトリウムとなっています。
RIALTO棟の部屋のうち、アトリウムに面した部屋はテーブルが備わったプライベートバルコニーつき。

InterContinental MELBOURNE THE RIALTO
InterContinental MELBOURNE THE RIALTO
夜になると、アトリウムがライトアップされてインスタ映え!

バスルーム

InterContinental MELBOURNE THE RIALTO
InterContinental MELBOURNE THE RIALTO
クラブルームのバスルームはそこそこ広さがあり、バスタブ完備です。

InterContinental MELBOURNE THE RIALTO
独立したシャワーブースがありますが、バスタブまで距離があります。

InterContinental MELBOURNE THE RIALTO
アメニティはメルボルンだからと勝手にイソップを期待していましたが、インターコンチネンタル標準のAGRARIA(中国製)でした。。

クラブラウンジ – CLUB INTERCONTINENTAL LOUNGE

InterContinental MELBOURNE THE RIALTO
クラブインターコンチネンタルの特典は標準的です。
オープン時間が6:30~20:00と短め。。

・クラブラウンジでの朝食(Alluvia Restaurantも利用可能)
・アフタヌーンティー(2段スタンドで提供)
・カナッペとテスティングプレート(大人のみ、お子様連れはAlluvia Restaurantで代替サービスを提供)
・ラウンジでのチェックイン/チェックアウト
・ラウンジ内ビジネスセンターの利用
・iPad miniのラウンジ内での貸出
・Club InterContinental専用のプライベートミーティングルームの利用

InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
ラウンジは2階(日本の3階相当)にあります。

InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
座席はあまりゆとりがなく、詰め込み仕様に感じました。

クラブラウンジの朝食

InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
あまり広くないラウンジなので、種類も控えめですね。

InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
コールドコーナーではヨーグルト類が地味に充実、ベーグルを作れたりします。

InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
パンコーナーで、屋上で養蜂している自家製蜂の巣を発見!
年間100kgしかとれないハチミツとか煽ってきますね!

秋に泊まったインターコンチネンタルアデレードの自家製ハチミツは食べ損ねたのでここでは忘れずに味わいます。

InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
ホットミールからは、ソーセージ、ベイクドトマト、マッシュルーム。
コールド品からは、サーモンと生ハム、アボガド。
そしてハチミツを食べるためにパンも少し。

メインはエッグベネディクトにしました。

InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
かりっとしたパンにチーズ風味のソースで仕上げてきました。
クロックマダムとエッグベネディクトの中間のような感じで、これはこれで美味しい。

アフタヌーンティー

InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
お一人様だからか、案内にあった2段スタンドではありませんが、オーダー式のアフタヌーンティーという点はさすがインターコンチネンタルのクラブラウンジ。
お茶はTWGのものでした。

InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
スコーンもう少し欲しいと言ってみたら、晩御飯が食べられないほど盛ってこられました。

InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
翌日利用した際は、スコーン増しで提供されました(笑)

イブニングタイム

InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
品数少な目でTasting Menuもイマイチ。
アルコールは飲めないのでスルーしましたが、オーストラリアワインなんかがあったような気がします。

ビジネスセンター

InterContinental MELBOURNE CLUB LOUNGE
クラブラウンジのビジネス設備は、WindowsとMAC OSの2台を完備。
ここでT2の店舗を調べて、ショッピングに出かけました。

インターコンチネンタルメルボルンのクラブラウンジ まとめ

ラウンジの飲食物は、インターコンチネンタル アデレードよりはマシですが、インターコンチネンタル シドニーに比べるとイマイチです。
広さは、アデレード>シドニー>メルボルンでした。

宿泊記ページへの訪問ありがとうございます。
より役立つ記事にするため、興味のあるカテゴリーへ投票ください。

みんなの投票結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

コメント