宿 パーメリアヒルトン パース – PARMELIA HILTON PERTH

スポンサーリンク
HILTON PERTH 2017年9月:パース旅行

宿泊時期:2017年9月


パース最終日の宿は、Elizabeth Qayのバスターミナルに近いパーメリアヒルトンに泊まってみました。

スポンサーリンク

パーメリアヒルトンパースへのアクセス


パース空港からTransperthバスでアクセスすると、935番だとバス停St Georges Tce Mill St Green Cat 2またはSt Georges Tce Stand S (After William St)から徒歩3分以内。
40番や380番であれば、終点ひとつ手前のSt Georges Tce Stand Nop (Before William St)か、終点のElizabeth Quay Bus Stnの利用で徒歩5~10分程度。
雨降りの場合は屋根付き通路で濡れずに隣のビルまで行けるElizabethQuey Bus Stationの利用がオススメです。

HONORS DIAMOND会員向け特典

  • ボトル水2本
  • Adelphi Grillの1ドリンクとTAPASセット
  • Adelphi Grillでの朝食

クラブラウンジがないため、DHONERS IAMOND会員はドリンクとTAPSチケットがもらえます。
更に宿泊者向け特典として、Adelphi Grillのディナー20% OFFが用意されています。

KING HILTON DELUXE ROOM


室内はリノベーションしたばかりなのか、古臭い感じはしません。
バルコニー付きの部屋でしたが、ビジネスエリアにあり周りは大型ビルが建っているため眺望はよくありません。

バスルーム


バスアメニティはヒルトンでお馴染みのPETER THOMAS ROTHです。(歯ブラシキットはありません)


ピカピカのバスルームは清潔感にあふれており、ハンドシャワー、バスタブと設備は十分。

屋外温水プール


フィットネスエリアの先は屋外温水プールです。
気温と水温を表示している温度計があり、リアルタイムで水温管理されていました。
ビルの谷間に面しているので眺望はありません。

コスパ良しのホテルレストラン Adelphi Grill

Adelphi GrillはダイニングエリアとBARエリアに分かれています。

朝食

朝食はダイニングエリアで提供。
自家製スムージー、サラダバー、ウエスタン、和食、中華と幅広めな品揃えですが、オーダー物のオムレツなんかは別料金!


イングリッシュブレックファーストですね。

驚異のAUD20ランチ


5種類から選べるメインとワインを含む飲み物セットで丁度20ドル!とファーストフード並みの価格競争力です。
普通に外食すると40ドルくらいとんでいくオーストラリアでは嬉しい価格設定。


フィッシュアンドチップスと迷いましたが、WAGYUバーガーを選んでみました。
オーストラリアは世界第一位のWAGYU(≠和牛)生産国ですしね!
大味でした…。

コンプのTAPSセット


クラブラウンジ代わりに提供された、コンプのTAPASセットです。
これに飲み物(アルコールOK)もついてきました。

PARMERIA HILTON PERTHについて
推奨度:8/10
満足度:8/10
建物自体は年季が入っていますが、客室はリノベーションされていますのでガマンしなきゃいけないところはありません。
5分歩けばショッピングエリアKings street、空港へは隣のビルからElizabethQuey Bus Stationまで通路越しに行けて始発に乗ることも可能です。
外食費の高いオーストラリアで、ホテル内レストランにも関わらず良心的な価格設定。
宿泊者はその価格から20%OFFとファーストフードに真っ向から喧嘩を売りにいっているレベルの競争力です。
いろいろコスパに優れたオススメホテルです。

コメント