空 TAPポルトガル TP367 LONDON/LHR – LISBON

スポンサーリンク
TP367 2016年末年始:リスボン旅行

旅行時期:2016年12月


スポンサーリンク

TAP367便でリスボンへ!

欠航になったBA504の代替フライトがTAPになったので、ロンドンで一泊してからリスボンへ向かうことになりました。
カウンターで昨日のBAフライトがキャンセルになったことを伝え、TAP乗ることになったと伝える。
荷物はBAが持ってるけどTAPが回収してくれるのか確認すると、荷物タグをスキャンしたのでリスボンまで一緒に行けるとのこと。
ゲートはどこか聞くと、2時間ちょっと遅れるので後で確認してね。って、今日も遅延か・・・。

T2ではFast Trackを利用して出国手続き

FastTrack

ターミナル2のFastTrack

StarAliance GOLDメンバーになっていると、FastTrackが利用できるようです。
暇そうな5人の係員に対して、利用者は自分ひとりだったのでガッツリ検査されるかと思ったら2分くらいで抜ける。
英国は出国スタンプないので当然イミグレもなく、出国だけは楽です。

Senator Loungeへ

Lufthansa Senator

Lufthansa SenatorLounge


3枚持っているPriorityPassを全部忘れたので、大人しくSenatorLoungeへ。
BusinessLoungeの奥にSenatorLongeの入口があり、受付でもらうバーコードがないと入れません。

ラウンジメシ

Meal

ラウンジメシ


赤ワインスープやビーフ系のメニューがあり、ショート~ミドルが中心の域内ラウンジの割には充実しています。
ビジネスとセネターラウンジの違いはデザートコーナーのケーキが少し増えたくらいのような気がしました。

初TAP!

TP367

TAPポルトガル航空

EXIT ROW

非常口席でした

エコノミール

機内食

通路が真ん中に1本のナローボディ?機でした。
機内に入ると割り当てられた座席は非常口席でした。カンタンな英語しか喋れないのに大丈夫なんでしょうか・・・。
脱出のデモやるからテーブル使わせてといわれて、非常口席に関する説明すらなく離陸しました。”Sure”しか喋ってないのにTAPの英検に合格したようです。

機内食はサンドイッチと高濃度ネクター。
このネクターが激ウマだったので、後日リスボンのスーパーで探しましたが見つけられませんでした。

定時性に難があることで有名なTAPですが、例に漏れず遅延でした。

コメント