マレーシア航空 MH88 クアラルンプール→東京 A350 ビジネスクラス | MALAYSIA AIRLINES A350-900 BUSINESS CLASS KUALA LUMPUR to TOKYO NARITA

スポンサーリンク
MAS MH88 2018年7月:シドニー旅行~マレーシア航空激安ビジネスクラス~

最終区間は深夜にクアラルンプール→東京へ向かうMH88を利用。
シドニーからKLIAに到着して、MH88の搭乗時間ギリギリまで新しくなったゴールデンラウンジで時間調整。

マレーシア航空 ゴールデンラウンジサテライト プラチナ ファースト クアラルンプール国際空港 | Malaysia Airlines Golden Lounge KLIA SATELLITE Platinum First Class at KUL
GOLDEN LOUNGE SATELITEは2018年4月にリニューアルオープンしたマレーシア航空のフラッグシップラウンジです。 2017年までのGOLDEN LOUNGE SATELITE PLATINUMの様子は↓で確認できます...

シドニーでもらったチケットにはゲートが記載されていなかったので、ラウンジ受付の係員にゲートを聞いて向かいます。

Nさん
Nさん

東京行きのゲートはどこですか?

MASさん
MASさん

東京行きは34番ゲートですよ

チケットを再プリントしてくれなかったので、ゲートの記載のないチケットを握り締めて、C34ゲートへ向かいます。
普段のMH88はC16使うのに珍しい。

スポンサーリンク

GATE CLOSE


C34ゲートへ到着。

NARITA行きはGATE CLOSEと表示されていますが、普通に手荷物検査を行っています。
東南アジアの空港ではよくある光景なので、”東南アジアあるある”と考え気にもしていませんでした。

ところが、東京行きにもかかわらず日本語は一切聞こえず、聞こえるのは中国語ばかり。

ちょっと不安になってきた。

Nさん
Nさん

す、すいません。
ここは東京行きのゲートですよね?

空港職員さん
え、東京!?
東京行きは締め切りましたよ!
チケットを見せてください。
Nさん
Nさん

・・・は?

空港職員さん
ここは日本航空の東京行きで、マレーシア航空は違うゲートです。

本気でビビった。
ラウンジのMAS職員め!

マレーシア航空 A350-900の座席(ビジネスクラス)

MAS MH88
真逆にあるC15ゲートまで移動。
今度こそ、正しいゲートですが既に搭乗が始まっていました。


シドニーからのA330⇒A350と乗り継ぎ。
乗りヒコ好きにはニヤリとする瞬間ですね!!

マレーシア航空 A350 ファーストクラス席


最新鋭ファーストクラスだけあって、ドア付き。
流石の個室感で収納もたっぷりですね。

4K(当たり席)


マレーシア航空A350のうちで、1人席としては占有面積の一番広い4K席です。
なんと左右にサイドテーブルが備わっています。


人によって難点?は、サイドテーブルが大きい分だけ窓から距離があること。
というわけで、空撮好きには不人気かも。

今回は夜行便ということもあり、安眠の友VENEXを用意します。

ヒコーキ旅とVENEX - 疲労リカバリーウェアのベネクスで休息しながら目的地へ
色々なメディアで「着用するだけで疲労回復」と紹介されている、VENEXリカバリーウェアという商品があります。 本当に紹介通りの効果なら、エコノミークラスの長時間のフライトでも到着するまでに疲れるのではなくて、むしろ気力体力が満充電の状態で...


足元は狭く見えますが、実際には気にならないスペースが確保されています。

液晶TV下もサイドテーブル下も収納スペースとして使えます。


左手側のサイドテーブルも食事トレイがおけるくらいのスペースが確保されています

MH88
ユニバーサル電源とUSBプラグ。

誰かがワインをこぼした跡が、、、汚い。
マレーシアンホスピタリティはいずこ。

Welcomeドリンクと謎のご挨拶

MASさん
MASさん

こんばんは、Nさん。客室責任者のMASです。

お、おう。
赤服から握手求められたのは初めての経験。

Nさん
Nさん

さんくす!
英語もマレー語もあんまできないんでご寛恕して!

そしたら、赤服さんがドリンクトレイをもった緑服さんを呼びました。

MASさん
MASさん

Nさん、こんばんは。
日本人乗務員もいますので、何かあればお声がけください。

お飲み物は何にしますか?

そして、ウェルムドリンクは、マレーシア航空のシグネチャードリンクになりそうな「WAU EMAS」にしました。
これA380やA330では出てこないのでA350限定なんでしょうか。

機内WiFiの料金


JALの無料WiFiに慣れていると、とんでもない額に感じます。
150MBが200kbpsでUSD20って。。
5MBは64kbpsでUSD1とイラつく速度ですね。
今時のスマホならネットに繋がった瞬間に5MBは消費するので、メールチェックもできないと思います。

サインパネル


座席上のサインパネルは、有機ELでしょうか。
視認性バッチリで最先端感。


マレーシアの発展感がすごい。
さすが産油国ですね。

真面目にMM2Hビザを検討してしまう。

ビジネスクラスの機内食 – SUPPER

メニュー

スナック


このミックスナッツが美味すぎです。
さっきの赤服さんにマレーシアのスーパーで買えるか聞いてみても分からないとのこと。

使えねーなと内心思ってたら、お土産にどっさり渡されました。

さすがマレーシアンホスピタリティ!!


日付も変わりそうな時間ですが、チキンプリーズです。

DINE ANY TIME


お好きなものどうぞシリーズは、Man Tou Bun With Pulled-chikinとSeasonal Fruitの2種類だけ。
東京→クアラルンプールや、クアラルンプール⇔シドニー路線は3種類だったので、深夜便は数を絞っているんでしょうね。。

とりあえず、チキンマントウを発注したらフルーツも一緒にドウゾと勧められたで両方もってきてもらいました。
マレーシアンホスピタリティ!


Pulledと言うほど柔らかくない気が。。
あと薄味。

朝食


フルブレックファーストです。
シリアルと紅茶もあると言われましたが、事前予約メニューで肉を頼んでいたので遠慮しときました。


マレーシア航空のシェフオンコール(事前予約メニュー)から、肉を発注。
ナイフがいらないくらい、柔らかくて美味しい!


成田へ到着したのは8:30過ぎ。
定刻の7:40より遅延していました。

到着時の免税店

NARITA ARRIVAL DUTY FREE
日本でも2018年より運用が開始した、到着時免税店。
早朝でもオープンしていたFa-So-La ARRIVAL DUTY FREEで、お使いを頼まれていたIQOS(3,800円)を購入。
JALカードを使えば10%割引になるかと思ったら、タバコ類は割引対象外とのことでした。

旅1807 オーストラリア連邦 シドニー4日間 ~マレーシア航空 激安ビジネスクラス~ もくじ

旅1807 オーストラリア連邦 シドニー4日間 ~マレーシア航空 激安ビジネスクラス~
2018年6月下旬から7月6日まで、マレーシア航空がミッドイヤーセールを実施中! 7月6日までに予約をすれば、2018年12月20日までファーストクラス、ビジネスクラスを含めて最大40%オフ! 適用期間が長いので、夏休みや9月の連休にも...

搭乗記ページへの訪問ありがとうございます。
より役立つ記事にするため、興味のあるカテゴリーへ投票ください。

※最大3つ選択して投票できます。

みんなの投票結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

コメント