スリランカ航空 UL364 COLOMBO – JAKARTA |コロンボ → ジャカルタ SRILANKAN AIRLINES

スポンサーリンク
SRILANKAN UL364 2017年末年始:乗りヒコ絡めてドバイ旅行

2017/2018年末年始旅行の第五区間は、コロンボで約2時間のトランジットを過ごした後のジャカルタ行きUL364便です。

スポンサーリンク

コロンボでのトランジットから搭乗まで


ドバイでジャカルタまでのチケットを受け取っていたので、コロンボ空港ではチェックイン手続き不要です。

コロンボ空港での乗り継ぎに2時間あり、お土産用の紅茶探しを兼ねてショップを調査。

この空港のお店はボッタクリが横行しています。
前回ボッタクられた店で、またもやぼったくり価格をふっかけられました。イラッ。

スリランカ コロンボ バンダラナイケ国際空港 - 詐欺・恐喝が横行する空港
トランジットでコロンボ バンダラナイケ国際空港空港に訪れた際に空港の免税店で紅茶を購入したところ、早速詐欺にあってしまいました。 空港の免税店といえば、旅の最後にお土産を買うために利用する人も多いと思います。 スリランカのコロンボ空...

TEA TANG
そんな中、ついに値札どおりに販売するお店を発見!
高級紅茶葉店だけあってこういうところもしっかりしてますね。TEA TANG直営店でしょうか。
荒んだ店の多いコロンボ空港ではブランドの安心感が頼りになります。

SERENDIB LOUNGE
紅茶をゲットした後は、スリランカ航空のSERENDIBラウンジへ。

朝の時間帯は出発ラッシュのようで激混みでした。
ラウンジの記事はこちら。

スリランカ航空 セレンディブラウンジ コロンボ バンダラナイケ国際空港 - SRILANKAN AIRLINES SERENDIB LOUNGE at BIA
エコノミークラス利用時にoneworldのFFPステータスでは入れなくなり、ビジネスクラス以上の搭乗者専用となったスリランカ航空セレンディブラウンジへやってきました。 コロンボ バンダラナイケ国際空港 セレンディブラウンジ ...


ファイナルコールが点灯したのでゲートへ移動。

スリランカ航空 A330-300

ビジネスクラスの座席


往路とは異なり、当たりの機材がきました!
ソロ旅行者にはありがたい、お一人様席があります。

この斜め配置の座席は、Zodiac社Z300シートというものだそうです。


そして、一番前の1Kに到着。


一番前の席でもカタールの787ビジネスクラスと異なり、足元が広かったりはしません。


使いやすい位置にUSBポートとユニバーサルプラグを完備で、モバイルガジェットの対応は完璧!
ノイズキャンセリングヘッドホンが装備されていました。
リモコンも安心の日本語対応です。

ツッコミどころ


機内での禁止行為一覧がカオス過ぎる。
お察しの民度です。


機内誌からは「World’s Leading Airline to the Indian Ocean」をアピールしていました。
ノミネートされたカタール、エミレーツ、KLMをぶっちぎっての優勝には疑義をはさまずにいられません。

to the Indian Oceanとあるので、単純に地の利で選ばれただけなんじゃないかと思ってます。

ビジネスクラスの機内食 – スリランカ航空 朝食メニュー


朝食のメインはスリランカスタイルのミルクライス、プレーンオムレツとチーズ・ハーブソーセージ、黒豆ソースの魚のフライ、ベジタリアンカレーからの4択。

うーん。。どれもピンときません。

もう、ネタに走ってミルクライスを発注しちゃる!


・・・。日本人には馴染みのない味でした。
グチャっとしたお米がそもそも受け入れられない。

(この中では)副菜のオニオン炒めは甘爽やかでおいしかったです。

機内アメニティ


ドイツブランドAIGNERのアメニティキットです。
西行きの往路では配ってなかったので、東行き航路だけ配っているのでしょうか。

まさか、World’s Leading Airline to the Indian Oceanに選ばれたのにサービスにムラがあったりはしませんよね……。


スリランカ航空謹製のミネラルウォーター。

お得な機内販売


機内販売ではDilmahのシルバーチップ茶葉を含んだアソートセットが33ドルでした。
スリランカ航空の機内販売紹介ページから事前予約すると30%引きになります。

ジャカルタへ到着


この機材は今では珍しくなった機外カメラを搭載してました。
ヒコーキ好きは飽きずに過ごせると思います。

コメント