旅 ロットネスト島へ フェリーでの行き方 – GETTING TO THE ROTTNEST ISLAND by ferry

スポンサーリンク
ROTTNEST FAST FERRIES 2017年9月:パース旅行

愛くるしい珍獣クオッカさんが生息しているロットネスト島へ行くには高速フェリーを利用する方法が一般的です。
パースからロットネスト島への定期就航フェリー業者は3社ありそれぞれ出発地が異なります。

この記事では各フェリー業者の比較と、実際にフェリーを利用してロットネスト島へ行く方法を紹介します。

スポンサーリンク

ロットネスト島行きのフェリー業者を比較

3社とも横並び料金ですが、微妙に違いが有るので滞在スタイルに合った業者を選ぶことが大事です。

一番便利なROTTNEST EXPRESS

最大手のロットネットエクスプレス社は赤いフェリーが目印。
単純な往復から、主要ホテルでのピックアップ、自転車、往復のフェリーが含まれたパッケージの販売まで幅広く揃っている。

集合場所は次の3箇所ですが、フリマントルから出発するならSEALINK社の方が安いです。
Barrack Street Jetty Elizabeth Quay(パースのバスターミナル隣で、パース中心部からタクシーで5分)
B Shed Victoria Quay(フリマントル駅から徒歩5分)
Northport(駅から離れている代わりに駐車場がある。レンタカー利用者におすすめ)

往復フェリー料金
パース発着:AUD99
フリマントル発着:AUD66-71

公式ページからだと出発前日までに電話でバスのピックアップ場所を伝えなければならないのと、無料バスが利用できるのは往路のみ。
何故か公式サイトよりも割引になって日本語の通じるツアー代理店(H.I.SやVELTRA)を通して利用するのがオススメ。

パース中心部にあるエリザベスキーから出発しているため、ピックアップバスに乗り遅れても自力でエリザベスキーに行けば乗れる可能性あり。

シンプル運賃のSEALINK

自転車貸し出しを含んだ、パッケージチケットの用意はなくロットネスト島への往復運賃のみ。
フェリー代は往復でAUD60です。
出港場所は、FremantleのB Shed Victoria Quayだけです。

ロットネスト島にもレンタサイクル屋はありますが、船着場からレンタサイクル屋まで10分くらい歩くので面倒くさがりはパッケージを用意している他社がオススメ。

往復バス送迎のついたROTTNEST FSAT FERRIES

ROTTNEST FAST FERRIES
集合場所はパース中心部から30分くらい離れたHillarysなので、ピックアップバスを逃すと乗れないリスクあり。
ホテルまで往復のバス送迎あり。貸し自転車は7段ギア。

公式サイト(https://booking.rottnestfastferries.com.au)

ROTTNEST FSAT FERRIESでロットネスト島へ行く方法

私の場合は出発直前にROTTNEST EXPRESSのパッケージを日本語OKな代理店で予約しようとしたら、予約締め切り日を過ぎていました。。
仕方ないのでROTTNEST FAST FERRIES社の公式ページからホテルまで往復バス送迎と自転車レンタルがついた、同日往復のパッケージを利用してロットネスト島へ向かいました。料金はAUD116でした。

ホテル前でピックアップ

ROTTNEST FASTFERRIES BUS
宿泊ホテルによってはホテル前ではなく、近くのバス停でピックアップだったりするので、ピックアップ場所は間違いのないように確認しましょう。

朝に弱いなどの理由でバスへの乗り遅れリスクがある人は、ROTTNEST EXPRESS社の利用がオススメです。
ピックアップバスに乗り遅れてもパースCBDエリアのホテルからエリザベスキーへは、タクシーで5分くらいで到着できます。
ROTTNEST FAST FERRIES社合は出港場所がパース市外のヒラリーになりますのでタクシーで40分くらい移動するはめになります。

Hillarysでチェックインとバイクの受け取り

ROTTNEST FAST FERRIES
予約メール(印刷しておくとベスト)とパスポートをチェックインカウンターに出して乗船チケットを受け取ります。

自転車の受け取り

チェックインカウンター隣の建物で自転車、ヘルメット、ロックチェーンを受け取ります。
ロックチェーンの暗証番号もそのときに教えてもらえます。(私の場合は借りた日の日付でした。)
また、自転車には名前の書かれたシールを貼られていますので他人の自転車と間違える心配はありません。

自転車を受け取ったら桟橋にあるフェリー乗り場へ移動します。

高速フェリーに乗船


フェリー乗船時に自転車を預けて、乗り込みます。
最初の方に乗船しようとすると、自転車は奥に詰め込まれますのでロットネスト島での自転車の受取は最後の方になります。
逆に最後の方に乗船すると、現地では最初に自転車がでてきます。(その代わりフェリー内は余った席に座ることになる)

ROTTNEST FAST FERRIES
フェリーの船内はエアコン完備で快適。
船内は完全自由席で、売店もあり飲み物や軽食も販売していました。(かなり高めの価格設定です)
運が良いとデッキからクジラが泳いでいるのを見ることもできるそうです。

ロットネスト島に到着すると、自転車に貼られたシールを目印に名前を呼ばれるので自転車を受け取ります。

ロットネスト島へのフェリー料金とお得に予約する方法

英語に自信のない場合は、予約に関するトラブルを避けるためにも日本語で間に入ってくれる代理店を経由して予約すると安心できます。
代理店を通すとボリュームディスカウントが効くのか、フェリー会社に直接予約するよりも安くなります。

ちなみに各社の公式ページの運賃は下表になります。
値段はAUD(オーストラリアドル)表記です。

フェリー会社 往復フェリーのみ 自転車+往復フェリー
ROTTNEST EXPRESS 99 129
SEALINK 60-65 なし
ROTTNEST FSAT FERRIES 85.5-86.5 116
旅 ロットネスト島で珍獣クオッカ探し ROTTNEST ISLAND, PERTH
パース旅のメインテーマである、クオッカにあうためのロットネスト島攻略記です。 ロットネスト島は島全体が国立公園に指定されており、この島にしか生息しない珍獣クオッカで有名ですね! ロットネスト島へ 準備編 この旅行自体が思いつきで準...

HISの現地発ツアー

ROTTNEST EXPRESS社のセルフサイクリングツアー(ランチなし・ガイドなし) AUD101
ROTTNEST EXPRESS社のセルフサイクリングツアー・ランチ付(ガイドなし)AUD131
※ツアーとありますが、フリープランなので添乗員や案内人はつきません。
※ランチ無しプランにして、現地のファーストフードやカフェで摂るのもオススメです。

バスツアーや日本語ガイドツアーも取り扱っており、出発前にホテルのピックアップ場所などを日本語で聞けるのでオススメ。
https://activities.his-j.com/TourLeaf/PER0012.html

VELTRA(ベルトラ)

現地ツアー専門会社で世界中の現地ツアーを網羅、出発前に日本語で問い合わせでき、レスポンスも早い。1%のVELTRAポイントは次回のツアーに利用可能です。
ROTTNEST EXPRESS社のフェリーを利用した、ロットネスト島のランチ付きバスツアー(AUD126~)や往復ホテル送迎・ランチ付き日本語ツアー(AUD215)を取り扱っています。
icon
icon

さらにお得にVELTRAを利用するには、ポイントサイトmoppy経由がオススメです。
VELTRAのポイントとmoppyポイント(JALマイルに移行可)を2重取りできます。
モッピー!お金がたまるポイントサイト

コメント