サザンビーチホテル沖縄 プレミアムルーム | SOUTHERN BEACH HOTEL RESORT OKINAWA PREMIUM ROOM

スポンサーリンク
SOUTHERN BEACH HOTEL & RESORT OTHERS

東南アジアでもよく見るようになった「新宿さぼてん」や大企業のオフィスビル内食堂をてがけるグリーンハウスの関連会社が運営するリゾートホテル。
運営母体は超優良企業ということで期待がもてます。

スポンサーリンク

サザンビーチホテル沖縄へのアクセス


那覇空港からは、東京バスが路線バスを走らせており3停留所目でホテル内の車寄せに到着します。

所要時間は30分前後、運賃は片道400円です。

周辺環境


ビーチはホテルから徒歩1分ですが、ホテル以外の商業施設はなく一番近いコンビニまで徒歩20分。※ホテル内にミニコンビニはあります

周りにはビーチと港湾で商業施設は何ももなく、タクシーも通らない倉庫街です。

ホテル以外で買い物したいとなると車がないとキツい立地です。

必然的にホテル内での買い物や飲食が必要となるので、軽い飲食がつくプレミアムルームがオススメです。

チェックイン


フロントはバスの到着する1階ではなく、2階にあります。

1階は屋内プールや、バーがありました。

2階のフロントに行くとプレミアムルーム予約者のチェックインはプレミアムウンジで可能と案内され、ホテル最上階の10階へ。

プレミアムラウンジ


コロナ対応で通常7:00~23:00のところ、7:00~21:00に短縮営業。

座ってチェックイン手続き。

コロナ下での運用変更で朝食はラウンジではなく、レストランでの提供、フードプレゼンテーションも5回から3回へ減少と聞く。


ラウンジ内は明るい雰囲気。

昼間に本を読むには目が痛くなるくらい明るかったです。


アフタヌーンティータイムの時間は外出していたため、ラウンジ自慢のパンケーキにはありつけず。。

常時設置されているお茶とお菓子で、パンケーキに思いをはせながらもやもやしていました。

なお、ラウンジからの景観はすべて港ビューです。(ビーチは見えない)

オードブルタイム

16:30-18:00はオードブルタイム

フリードリンクのディスプレイはともかく個品で品数も多くて良き。

東京のスーパーには並んでいない、地元商品というか沖縄県産品のジュースもあって好印象。


アルコールはこんな感じでした。飲めないので良し悪しは分からず。

オードブルは、ハム、ダッグ、シーフード、ビーフと何でもあり状態です。

しかも美味しい。

さすが食のプロが母体のホテルです。

プレミアムクラブ・ハーバールーム


本日の部屋は1040でした。


30平米の部屋。

一昔前のオーソドックスな作りなので謎の既視感。


右手側の収納にはリゾートホテルらしく、傘にバッグといろいろありました。収納が大きいので長期滞在にも使えそうです。

コンプのお水ボトルは2本ついてました。


ベッド周りはリゾート感が強くでています。

続いて備品チェック

割り箸を設置しているホテル客室を初めて見ました。

海外ホテルでデリを買ってきていざ食べようと思ったらカトラリー類が部屋に一切なくてイラっとした経験があるので、痒いところに手が届く気遣いは良いですね。

お茶類も国産品を使っており好印象。

ヒルトンは中華製造品だったので猶更・・・

 

バスルーム

バスルームはユニット。リゾート感だいなしや。


ところが、備品にあった舌ブラシ、洗口液、入浴剤とすべて国産品です。

プロパティに経年感が出ていますが、アメニティにお金をかけているので総合的には良き印象を与えます。このホテルのマネージャさんは、ちょっとホテルにうるさくなりはじめた人のツボを押さえていますね。脱帽です。

ハーバールームからの景観


各部屋にはベランダがついています。

プライバシーはゼロなので、リゾート地でも変なことはできません。あと景観がハーバービューと倉庫街なので工業地帯感もあります。

ガーデン、プール


プールのオープンは3月からのため、2月のこの時期はただの池です。


コロナで人手不足なのか、資金不足なのかメンテはどうしたのでしょうか。


ホテルの庭から直接ビーチに行けるようです。

ホテルは空港の南側にあるため高度を上げたり下げたりする飛行機が見られます。

ヒコーキ好きとしては、テンションのあがるホテルです。

ビーチ


ビーチ用のゲート


ホテルの向かいは市営?の美ビーチ。徒歩10秒です。

Nさん
Nさん

また飛行機が見えた!

(↑ビーチにはあまり興味がない人)

 

メインダイニング オーシャンビューレストラン REIR


ランチビュッフェが通常2,100円のところ、税込み1,500円という信じられない価格。

3月31日まで路線バス開通記念でこの価格のようです。

肉寿司はその場で軽く炙ってくれる。


お値段以上ではありますが、ホットミールに関してはまぁこんなものだよねという内容。

成人男性が好むガッツリしたものは少なめ。肉寿司あたりは、コスパ良く感じました。


一方でデザートは謎の充実具合。カップアイスもありました。


こちらもパティシエ?がその場で作ってくれるイチゴモンブラン。

総合的に女性向けビュッフェですね。甘未より肉や魚が食べたい・・・。

朝食


コロナ運営でクラブラウンジでの朝食は提供しておらず、レストランでの朝食ビュッフェでかセットメニューで提供とのこと。

もちろん、朝からビュッフェ台に並びたくないのでセットメニューにしておきます。


メインプレートは2段重になっており、まずは前菜から。

いろいろ沖縄の島野菜を使っていてここだけ感が出てますね。


メインの焼き魚

朝食は素晴らしく感じました。


レストランの朝食会場にはアルコールがフリーでおかれている。

ツボを押さえているマネージャの仕業でしょうか。さすがですね。

そのうち飲めない人や健康志向な人向けにインフューズドウォーターなんかを置いてくれるともっと感動しそうです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました