宿 インターコンチネンタル ドバイ フェスティバルシティ – INTERCONTINENTAL DUBAI FESTIVAL CITY

スポンサーリンク
Intercontinental Dubai Festivalcity 2017年3月:ドバイ旅行

日本から中東系エアラインの夜便でドバイに向かうと早朝に到着するため、ホテルのアーリーチェックインを交渉をするか、チェックイン可能な時間まで待つ必要があります。
そんな中、アーリーチェックインできる裏技(?)として、ホテルに送迎を手配する手法が知られていますが、予約チャネルが公式ではなくAMEXトラベル経由だったのが影響したのか当地では通用しませんでした・・・・・・。

スポンサーリンク

インターコンチネンタルドバイフェスティバルシティへのアクセス

ドバイ国際空港から車で5分くらいのDFC(ドバイフェスティバルシティ)にあり、渋滞があっても10分くらいで着くそうです。
空港からは車以外でのアクセスは不可能です。
このホテルは複合施設の一角となっており、隣にはIKEA、ハイパーマート(スーパーマーケットより広いスーパー)、Patchi、M&S、ブランドショップ、レストラン、フードコート、ゴルフ場とDFC内だけで何不自由なく過ごせます。

BMWのお迎え


AMEXトラベルでは送迎の手配はやっていないとのことだったので、海外旅行の強い味方となりつつあるLUXURY CARDのコンシェルジェに泣きついて、ホテルへの送迎手配をお願いしておきました。

ドバイ空港の到着ロビーに行くと、インターコンチネンタルの運転手がネームプレートを掲げて待っていました。

VOSS

セレブウォーターのVOSS

Intercontinental Dubai Festival city

IntercontinentalとCrownePlaza

BMWに乗り込むと1本1,000円くらいするVOSSのStillとSparkling置いてあります。
セレブは普段こういう生活してんですね!
セレブごっこに興じていると、ホテルが見えてきました。はやっ。
FestivalCityにはラグジュアリーホテル担当のIntercontinentalとビジネスホテル(日本でいうシティホテル)担当のCrowne PlazaがありどちらもIHG系列です。

予想を大幅に上回る送迎料金でした・・・


ちなみに空港送迎の気になるお値段は、AED220(約7,000円)/片道でした。
インターコンチネンタルより距離のあるパークハイアットドバイのプライベート送迎がAED100だったのでそれより安いだろうと思っていたら想定以上の金額です。

チェックイン

IC-dubai さん
お部屋を用意出来るのは昼前です。それまで、朝食でもいかがですか?

N さん
大丈夫です。すでに朝食は済ませました。(何のためにクソ高い送迎頼んだと思ってんだ!イラッ)

IC-dubai さん
それでは、カフェで待たれますか?

N さん
隣のショッピングモールに行ってみたいので、12時ごろにまたきます。

AED220するとはいえ、アーリーチェックインの差額だと思えばまぁ許容範囲だったのでOKしましたが、実際にチェックインしようとすると部屋が用意できていないので朝食を提供するといわれました。
タクシー利用だとAED40くらいで済んだのでこの対応にイラっときますが、ホテルに送迎頼む=アーリーチェックインは公式ルールでも何でもないのでクレームは出せません。
損した気分で一杯になり、早くもエセレブの仮面が剥がれてます。

ONE BEDROOM SUITEがでてきた

ONE BEDROOM SUITE

昼ごろにホテルに戻ると、22/36階のOne bed room suiteがでてきました。
部屋はリビング、ベッドルーム、ウォークインクローゼット、トイレx2、バスでした。

AMEX TRAVELから予約したにも関わらず、AMB特典でExective ROOMから、1~2カテゴリーのアップグレードされたと思われます。
ただし、ホテル滞在のポイントや宿泊実績にはカウントされませんので、公式予約がいいと思います。

最低価格保証。IHG会員専用の特別レートで。インターコンチネンタル ドバイ フェスティバルシティの公式予約はこちらから

ファウンテンビュー

ドバイクリークとフェスティバルシティの噴水が見下ろせる部屋です。
窓には遮光のためのフィルムが貼られているので、眺望が良くないと不満に思っていたら、その夜に、ある仕掛けのためのフィルムだと分かりました。

打たせ湯付きの素敵バスルーム

水周りは安心のTOTO製で、Wベイシン、日本人が使いやすい、レインシャワー+ハンドシャワーの独立洗い場つきでバスタブには打たせ湯まであります。

インターコンチネンタルドバイの素敵プール

温水プール

カバナもジャグジーも完備

足元もシースルー

外から見ると

特におすすめしたいのが、プールです。3月の夜は水着でいると少し肌寒く感じますがプールやジャグジーは温水になっており快適に過ごせます。
リゾートに行くとインフィニティスタイルのプールはよく見かけますが、空中に飛び出たスカイプールはまだまだ珍しいのではないでしょうか。

ジムやミスト&ドライサウナも完備!


24時間のフィットネスジムにミストサウナ、ドライサウナもありました。
海外ホテルだと、部屋でバスローブに着替えてプールに行く方式なのか、更衣室で着替える方式なのか気になるところですが、こちらのホテルは更衣室があるタイプでした。

ギネス認定!! ド迫力のファウンテンショー IMAGINE

ホテルの壁にプロジェクションマッピング


ドバイといえば、ドバイモールの噴水が有名ですが、今やフェスティバルシティの噴水ショー IMAGINEがドバイ一、いや世界一とギネス認定されています。
昼は水だけのショーですが、夜になると光、水、音、炎、シャボン玉を利用した噴水ショーが1時間おきに開催されており、ただただ圧巻です。
この圧倒的な映像美をサポートするのは日本のPanasonic社のレーザーシステムらしいですよ。

プロジェクションマッピングのレーザー光が差し込んできます


ファウンテンビューのお部屋は窓に遮光フィルムが貼られており、眺望の邪魔だと思っていましたがマッピングでホテルの壁面を利用をするための仕掛けだったんですね。ナルホド。
23~24時は絶え間なく光が飛び込んできたので、エンドレスでやっているようでした。
寝たい場合は部屋にある電動カーテンを下ろせば光は全く気にならなくなります。

アンバサダーギフト


INTERCONTINENTAL AMBASSADOR会員向けのギフトは、デーツでした。

INTERCONTINENTAL DUBAI FESTIVAL CITYについて
宿泊時期:2017年3月
推奨度:10/10
このブログ初の推奨度10のホテルです。
個人的にはアーリーチェックインに失敗したこともあり、完璧な滞在ではありませんでしたが、ハードは文句なしの完成度です。
スイートに3万台で泊まれる時期もあるのでこのホテルに泊まることを目的とした旅を設定しても良いレベルだと思います。
空港から10分以内、豪華な客室設備、ショッピングモールに隣接した立地、珍しいスカイプール、豊富なレストラン、ダウ船クルーズ、DFCのギネス認定プロジェクションマッピングとワクワクし続ける滞在になるでしょう。
隣のクラウンプラザも同じ運営元のため、レストランの支払いをインターコンチネンタル側の部屋に付けることができました。

最低価格保証。IHG会員専用の特別レートで。インターコンチネンタル ドバイ フェスティバルシティの公式予約はこちらから

コメント