インターコンチネンタル マドリード | INTERCONTINENTAL MADRID

スポンサーリンク
Intercontinental Madrid 2018年12月:乗りヒコーキでエミレーツファーストとLATAM以遠権 ~大洋州中東欧州5泊9日8区間~

世界インターコンチネンタル巡りのひとつで、中々来れないインターコンチネンタルマドリッドのクラブルームに泊まってみました。

スポンサーリンク

インターコンチネンタル マドリッドへのアクセス

INTERCONTINENTAL MADRID
このクラスのホテルには、車で乗り付けて行くべきなんでしょうがメトロを使ってきてやりました!

最寄のメトロは7号線や10号線が停車するGregorio Marañón駅です。

クラブラウンジでのチェックイン


ホテルロビーにはクリスマスツリーが飾られていました。

クラブルームでの宿泊と伝えると、クラブラウンジでのチェックインを勧められました。

クラブインターコンチネンタル


インターコンチネンタルマドリードのクラブラウンジは1階(日本式の2階)に所在があります。

CLUB INTERCONTINENTAL MADRID
クラブラウンジは落ち着いた雰囲気。

チェックイン時にクラブインターコンチネンタルの特典を説明されます。

クラブインターコンチネンタル特典


クラブインターコンチネンタル特典は中々充実していました。

特にレストラン割引が嬉しい。
パエリアを1人前で用意できるかレストランに確認してもらい、大丈夫とのことでディナーの予約をしました。

  • 7:00 am ~ 11:00 am 朝食(ラウンジとレストランどちらでも利用可能)
  • 12:00 am ~ 21:00 pm ドリンクとスナック
  • 15:00 pm ~ 17:00 pm アフタヌーンティー
  • 18:00 pm ~ 20:00 pm カクテルタイム
  • レストラン10%OFF(要ラウンジコンシェルジュ経由の予約)
  • 1泊毎にプレス2着無料
  • クラブラウンジ内のPCとプリンタ利用無料
  • 無料インターネットアクセス(WiFi/有線)
  • 市内通話無料(モバイル宛除く)
  • 会議室Moncloa roomの利用(2時間以内)

スナックタイム

ナッツやポテチ


チェックインが立て込んでいたので飲み物を飲みながら待っていました。

アフタヌーンティータイム

スコーンのないアフタヌーンティー

こちらのアフタヌーンティーはオーダー式ではなく出来合いのものが提供される方式。

スコーンがないとは、どういうことだ!!

カクテルタイム


カクテルタイムにはこんなものが並んでいました。

フードよりもお酒がメインで、アルコールが苦手な人にはメリット薄め。。

CLUB KING ROOM

Club Room

部屋番号にはClubIntercontinentalのプレートつき。

地味に特別感!


InterContinental Madrid Club Room
部屋は無駄に広い入口。
まさかのスイートへのアップグレード!?


避難経路経路の確認すると、スイートではなくまぁまぁ広めの部屋のようです。
後でわかったのですが、2階(日本式3階)は特別なお部屋でした。

InterContinental Madrid Club Room
入口から進むと左手にバスルーム

InterContinental Madrid Club Room
室内もクラシックですね。

カーテンがやばいくらいに重かった。いくらかかってんだ。

InterContinental Madrid Club Room
InterContinental Madrid Club Room

コメントに困るくらい普通なお部屋です。

ターンダウン後

InterContinental Madrid Club ROOM
ターンダウンはしっかり。

このあたりはさすが5ッ星ホテルですね。

2階フロアはバルコニー付き!

ただし、カステリャーナ大通りに面した2階の一部の部屋はバルコニー付き。

眺望は道路ですが・・・。

斜め前には合衆国大使館が見えます。

収納

電源設備


ベッドそばのコンセントはUSBポート完備で、ごろごろしながらスマホの充電もできる!


デスク前もUSBポートあり。
電源はどちらもヨーロッパのSE型で、日本のプラグを使うには変換アダプタが必要です。

InterContineltal AMBASSADOR特典

  • フレッシュフルーツ
  • ミネラルウォーターx2本
  • La Chinataのオリーブ石鹸(300g)

アンバサダーギフトは、高品質なオリーブオイル製品で有名な1932年創業の老舗 La Chinataのオリーブ石鹸(EUR3)でした。
1割しか採取できないエクストラバージンオリーブを利用した、日本未上陸品の滅多に手に入らない品。

バスルーム


デュアルベイシン

深めのバスタブでした。


洗い場は別についています。

クラシックホテルらしくビデもあります。

バスアメニティ

バスアメニティはロクシタン

ジャスミンシリーズでした。

いや、地元スペイン製品置いてよ!

部屋移動の案内

食事まで部屋で休んでいると内線がかかってきました。

ICさん
ICさん

今夜はパーティがあってノイジーです。

5階の静かな部屋を用意しましたが、移動しますか?

移動しないとういう選択肢が思い浮かばない。


新しい部屋は5階!(日本式6階)


ほとんど同じ作りですが、2階以外はバルコーニーがありません。


朝食

ラウンジとレストランどっちも使っていいといわれたので何が違うのか聞いてみたところクラブラウンジの朝食は人が多くないので静かに摂れる。
レストランの朝食は種類が多いとのことでした。


朝食会場のレストランは地上階(日本式1階)にあります。


少し早めの時間に行ったのでセッティング中。

ホットミールは少なめ・・・。

どこが種類が多いんだ。。
Iberian ham, Sweet Ham, Poached Ham, Iberian Chorizo
スペインだけあってハムの種類がたくさん!

当然イベリコハムもありました。
パン類
フルーツ
Soursop Juice With Peppermint, Peach Juice

Soursopという南米原産フルーツの変り種のジュースも。旧植民地つながりなんでしょうか。

エッグベネディクト


チーズたっぷりでやってきました。


黄身はしっかりとした感じです。

スペイン名物のチュロスとホットチョコレート。
店員に英語が通じなくてホットチョコレートを注文するのに5分かかった。
最終的にはGoogle翻訳で乗り切りました。

ローカルスペイン人のようにホットチョコにチュロスをつけて食べてみたかったんです!!

インターコンチネンタル マドリッド まとめ

メトロ駅までのアクセスは5分程度。
高級ブランドが並ぶセラノ通りへもギリギリ歩いていける範囲(ブランド紙袋を引っさげての徒歩移動は防犯に注意)
隣のブロックにはスーパーもあってローカル土産の調達も簡単でした。

ホテル自体が歴史建築物で有名女優が住んでいたとかなんとか。
クラブラウンジはクラシックといっていいのか経年なのか微妙なところ。重厚感はあります。
食事に関してはランチ以外は微妙でした。。

宿泊記ページへの訪問ありがとうございます。
より役立つ記事にするため、興味のあるカテゴリーへ投票ください。

みんなの投票結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

コメント