旅1609 オーストラリア連邦 シドニー旅行記 Part2

シェアする

旅1609 オーストラリア連邦 シドニー旅行記 Part2

MH123

トランジットでの6時間をKLIA内で過ごした後は、いよいよシドニーへ向けて出発です!

MH123 クアラルンプール→シドニー A330 ビジネスクラス 3K

3K

3K

足元

1Aに比べて足元は狭め

カバー

シートカバー

1-2-1と2-1-2が交互になる変則配置。一人席3Kにしました。
深夜便なので、シートカバーパッドを装着。若干寝心地が良くなるらしいです。

アメニティもいただきました。
色が白に変わっていましたが、中身は一緒なので詳細は過去記事をご覧ください。

MH70便でいただいた、マレーシア航空のビジネスクラスアメニティを紹介します。 ケースはPORSCHE DESIGN 紫紺色のケースはドイツのPOR...

機内食x2

深夜のサテイ

深夜のサテイ

スムージー

ベリースムージー

朝食

朝食は軽めでした

安定のサテイサーブから入ります。
深夜便のSupperが出ますが、眠いけどサティだけはいただきました。
MHに乗ったらサティを食べるのは義務です(笑)

起きたら、朝食の時間。
肉肉していないライトな感じでした。

Express Ticket、着陸

EXPRESS

EXPRESS PASS

着陸

カンガルーの飛行機

Express Ticketの配布があり、スピーディに入国できるルートがあるようです。

Selfservice kiosk

Selfservice Kiosk

安心の日本語対応

安心の日本語対応

イミグレーションは日本語対応のセルフサービスキオスクにパスポートを読み込ませてチケットを入手。
その後、別エリアにある入国マシンにチケットを入れ顔写真を撮ると入国完了でした。
ExpressTicketで有人審査に進むより早くイミグレを抜けられました。
手荷物が出るまで、隣り合った税関を眺めているとランダムに荷物をオープンをされているため、食べ物やタバコの持ち込みに厳しいという噂は本当のようでした。

シドニー空港~市街まで

Opal

空港駅のopalカード売り場


税関を抜けて右手奥に鉄道乗り場があります。
opalカードは有人カウンターで入手できるので、入手と同時にAUD40をチャージしておきました。
すべてクレジットカードで支払い可能。まだキャッシングで現地通貨を入手していないのでカードで済ます必要があります。

Airport Link

Airport Link

車内

車内

エアポートリンクは各駅停車しかない上に、乗車時間20分。
それに対して、運賃はAUD15.76~16.78と割高感がすごいです。
パリのRERと同じ二階建て車両ですが清潔さは断然エアポートリンクでした。

車窓から

車窓から

Circular Quay駅前

Circular Quay駅前

車窓から異国間溢れる景色を眺めながら約20分でCircular Quay駅に到着。
次はホテルへ向かいます。





シェアする

フォローする