KLMオランダ航空 KL809 クアラルンプール → ジャカルタ ビジネスクラス | KLM ROYAL DUTCH AIRLINES B777-300 Business Class KUALA LUMPUR to JAKARTA

スポンサーリンク
KL809 business class KLMオランダ航空

もはや年中行事になりつつあるKLM以遠権フライトの旅。
乗りヒコーキ的には、約2万円程度でKLMの長距離国際線仕様のビジネスクラスに乗れるのだから仕方ない。

便名:KLM KL809
飛行区間:クアラルンプール→ジャカルタ
飛行距離:699 miles
出発時刻:17:05(UTC+8)
到着時刻:18:10(UTC+7)
飛行時間:2時間05分

\ 最安航空券を一括比較 /
スポンサーリンク

クアラルンプール国際空港(KLIA)でのチェックイン

KLIA Check-in Counter

チェックインカウンターには、15時に到着。出発2時間前の時点でカウンターがガラガラなので、客の入りが悪いのでしょうか。

ジャカルタからJAL便に乗り継いで帰国の予定です。

今回はビジネスクラスを利用するため、成田まで荷物をスルーチェックインさせずにジャカルタで降りる旨を伝えます。(すべてはKLMデルフトブルーハウスのため!)

さくっと、出国審査を抜けて国際線が発着するサテライトへ向かいます。

STARBUCKS MALAYSIA 限定グッズ


何かお土産を考えている人は、サテライトへ行きエアロトレイン前のスタバでマレーシアスタバ限定グッズをチェックしておきましょう。街中と値段も変わらないのでここでの入手が楽です。(KL市内のスタバより品数も豊富な気がする)

マレーシア航空 ゴールデンラウンジ


サテライトに到着したらKLMの指定ラウンジとなっている、マレーシア航空ゴールデンラウンジへ向かいます。

昨年の乗りヒコーキ旅では、ゴールデンラウンジが工事中で幻のC.I.Pラウンジに案内されたこともあり、こちらのビジネスクラスラウンジは初体験。(その後、MASやJAL利用時にファーストクラスラウンジは利用していた)

KLM KL809ジャカルタ行きへ搭乗


なぜか出発の1時間前にはFINAL CALLが点灯していたので、出発が早まったのかとびびってゲートへ向かいました。
が、東南アジアの適当運用で早めに点灯させていたようで、ゲート前で本来の搭乗開始まで待たされました。。

KLM B777-300の機内

アムステルダムからジャカルタへ向かう乗客が多くいたので、ビジネスクラスは8割方埋まっていました。

100周年ロゴがお出迎え。
席へつくと直ぐにウェルカムドリンクが運ばれてきました。

座席設備


たった2時間のフライトでは使う機会がありませんが、フルフラット対応の座席。


コントローラー類は肘掛部に集中

電源周りは側頭部と使いやすい配置。
ヘッドフォンはノイズキャンセリング対応です。


KLMのオサレなセーフティビデオが始まりワクワク気分ももりあがります。

KLM Flight Safety

ビジネスクラスの機内食 – ディナーメニュー


オサレメニューの登場です。
THE ANNIVERSARY COCKTAIL

2日前に乗った往路では目にしなかった、100周年記念の限定カクテルが掲載されていました。

充実のメニュー



毎回感じるのが、KLMのドリンクメニューの多さ。
他社のビジネスクラスより豊富に感じます。


この日のメニューはこちら。

前菜
Gado gado vegetable roll with cashew sauce
メイン
Salmon with red pepper sauce, fried potato wedges, carrots and snappeas
または
Chicken biryani with mixed vegetables and mustard seed
デザート
Kek gula hangus – caramel cake with mocha sauce and coconut flakes
食後酒
Coffee or tea witha a liqueur and a miniature choclate KLM house.

ワントレーでの提供


短距離のため、ワントレーでの提供。

器もトレークロスもカトラリーも最高にオサレで食事が楽しくなります。


今回はサーモンを選択、間違いない味でした。

デザートはネシアのものだと思われますが毎回微妙。

次回搭乗を誘引する搭乗記念品 – KLMデルフトブルーハウス

#28 In Duizend Vreezen

ビジネスクラス搭乗特典として、オランダのジン酒が入ったKLMデルフトブルーハウスが搭乗記念品というかお土産として配られます。

Nさん
Nさん

まってました!
#99はありますか?

KLMさん
KLMさん

番号の指定はできないの、トレーに出ているものから選んでね。ごめんね。

時間があれば探してくれるCAさんもいますが、今回は出ているものから選んでねの人でした。(2時間の短距離路線なので早めに片付けたいんだと思われる。)

最高にいけてたラバトリ



飛行機のラバトリで、感動するとは思いませんでした。
これを参考に我が家のトイレにはデルフト焼きを置こうと思います。

RITUALS…が復活!


そして、一時期は機内から消えてたオランダのナチュラル系コスメブランドRITURALS…のKLM特別アメニティが復活して設置されていました!

機内にあったのは、Tulip(チューリップ)&YUZU(柚子)の香りで蘭x日のコラボで日本人には嬉しい。

ジャカルタ国際空港へ着陸。え、アメニティは配布なし!?

KL809 business class
KLMのビジネスクラスアメニティはエアラインアメニティの中で一番好きなんですが、どうやらKL809の以遠権区間では配布していないようです。。(逆方向のKL810は配布あり)


ジャカルタ国際空港の新しいターミナル3へ到着。

KLMデルフトブルーハウス(お酒)があると、そのまま乗り継ぎが出来ない可能性があるため一旦入国します。

旅1909 乗りヒコーキでKLMのアジア以遠権フライト 2泊4日4区間

搭乗記ページへの訪問ありがとうございます。
より役立つ記事にするため、興味のあるカテゴリーへ投票ください。

みんなの投票結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました