KLMオランダ航空 KL809 クアラルンプール → ジャカルタ ビジネスクラス | KUALA LUMPUR – JAKARTA KLM ROYAL DUTCH AIRLINES

シェアする

KLMオランダ航空 KL809 クアラルンプール → ジャカルタ ビジネスクラス | KUALA LUMPUR – JAKARTA KLM ROYAL DUTCH AIRLINES

今回の旅行の第三区間目は、個人的にベストビジネスクラスだと思っているKLM NEW WORLD BUSINESS CLASSです。
以前乗ったところ以遠権の短距離区間ながらそのサービスは期待値を越えまくり!

また乗りたいと思いながら1.5年経過…。

そして、ついに今回の搭乗にこぎつけました!!

搭機まで

チケットはシンガポールでのMH606のチェックイン時に入手済みです。
発券カウンターには寄らずに、ラウンジに直行。

第二区間はマレーシア航空のエコノミークラスを利用して、クアラルンプールへ。 チェックイン シンガポール チャンギ空港ターミナル2へ到着。 ...


が、クアラルンプールで本来使えるはずだったマレーシア航空のゴールデンラウンジは閉鎖中。
期間限定のCIPラウンジで搭乗時間まで待機することに。

CIP LOUNGEの詳細はこちら

マレーシア航空のサテライトラウンジが2017年6月~2018年3月までリノベーションのため閉鎖。 一旦はリージョナルラウンジを案内していましたが、KLIA...



優先搭乗が味わえる、SKY PRIORITYで乗り込みます!

SkyPriority(スカイプライオリティ)
KLMオランダ航空のビジネスクラスをご利用のお客様、フライング・ブルー(またはスカイチーム)のエリートプラス会員のお客様には、機内へのご搭乗を優先してご案内いたします。 赤の『SkyPriority』の表示が目印です。

― KLM.comより ―

KLM NEW WORLD BUSINESS CLASS


久しぶりすぎて、KLMロゴがワクワク感を煽りますね!
今回は、もっと先のエリアを予約していたので、先頭エリアは通り過ぎます。



そして到着したのは、こちらの隔離席。


6列目は、他のビジネスクラス席とは隔離されていて少し独立感があります。
何故か不人気席なので、運がいいと独り占めできるかもと狙ってみました。

座席配置


でも、ニオイには敏感なので、ラバトリーに近い6ACあたりは避けて安心の6Kにしておきました!

快適さを追求した座席

KLMがNEW WORLD BUSINESS CLASSを指しての煽り文句ですが、間違いないと思います。
この座り心地は、これまで座ったファーストやビジネスの中でも一番だと感じています。


コントローラはスマホと同じくタッチ操作可能。


ユニバーサル対応電源とUSBポートが備えられていてます。
スマホが手放せない現代人にはUSBポートはありがたいですね。

ウェルカムドリンク


搭乗時はウェルカムドリンクが、オサレグラスでサーブされます。
このグラス買いたいくらいです。


KLM機内では、セーフティビデオもオサレで見入ってしまいます。


そして安心の日本語表示。


6Kからはこの眺め!
エンジンの青い王冠が、KLM気分を盛り上げてくれます。



新しいビジネスクラスの機内食



オサレ柄のテーブルクロスにオサレメニューが到着しました。(この品質で2万円していないフライトです)


メニュー1ページ目は、インドネシアのセレブシェフ Farah Quinn’sによるコラボメニューの案内がでてきました。
こういう演出はダイスキです。


この日のメインは次の2つから。
・Kwetiau fried noodles goreng with prawns and bok choy by Farah Quinn(エビとチンゲンサイの焼きそば)
・Basquaise beef stew with spicy tomato-basil sauce, duchesse potato, carrots, snap peas and mushrooms(バスク風ビーフシチュー、ダッチェスポテトなど)

充実しすぎのドリンクメニュー


お酒メニューのカクテル欄には、シグネチャーカクテルとあわせて、ノンアルコールカクテルも記載されています。
・Virgin Cosmopolitan(クランベリジュースベース)
・Orange fizz(オレンジジュースベース)
・Apfelschorle(アップルジュースベース)

充実しすぎでしびれちゃいますね!!


ノンアルコールのドリンクメニューはこの充実度!(2時間しかない短距離路線のメニューです)
20種類以上あるんじゃ・・・。

そして、Freshly Squeezedとか美味しいに決まってるジャン!

ワンプレートランチ


Basquaise beef stew with spicy tomato-basil sauce, duchesse potato, carrots, snap peas and mushroomsを発注!


気分を更に盛り上げる、オサレカトラリー
さっきのグラスといい、これといい本気で売って欲しい。


飲み物はVirgin Cosmopolitanを所望。
作り方がわからなかったらしく、マニュアル開いて作っていました。

機内販売


カトラリーやグラスは機内販売していませんでしたが、KLM限定と記載されていたWEGTER社の”DUTCH COFFEE KIT”を購入。

KLM名物 デルフトブルーハウスギフト


1950年より毎年1つずつ新作を加え、配られ続けているデルフトブルーハウス。

N さん
最新モデルはどれですか?
KLM さん
うーん。わかりません。。
N さん
えええ。家にあるやつと被ったらやだなぁ。。

選んだのは#6でした。


ゴミ袋もデルフトブルーハウスをプリントしたものになっていました。



アメニティの配布は中止

クアラルンプール→ジャカルタのフライトではビジネスクラスのアメニティは配布していないようです。
アメニティ収集魂が芽生えてきているので残念。。

KLMオランダ航空のビジネスクラスのアメニティを紹介します。 KLM NEW World Business Class Amenity KLM Wo...

到着へ


ジャカルタ国際空港へ着陸態勢に入りました。
とても楽しかったKLMタイムも終わりです。


名残惜しい・・・。


デルフトブルーハウス(中身はお酒)を持ったまま乗り継げないので、一旦インドネシアへ入国して一泊します。

タクシーでインドネシア市内へ


歩いて3分ほどの隣の国内線ターミナルの方がタクシーまちの人は少ないので、移動。
あと、白タクの営業も少ない。


タクシースタンド近辺には順番待ちチケット発券機があります。
ブルーバードタクシーか、それ以外かを選べるので、ブルーバードを選んでタクシー待合所で待機。
順番がきたら、ホテル(ホリディインエクスプレス プルイトシティゲート)ヘ向かいます。

旅1802 東南アジア周遊 2泊4日5区間 ~KLM以遠権ルートに乗りたくて~ もくじ

KLMオランダ航空のビジネスクラスに乗りたくなり、1.5年ぶりにクアラルンプール発着のKLM以遠権区間を楽しむ旅を企画しました。 ジャカルタ発クアラルンプ...

搭乗記ページへの訪問ありがとうございます。
役立つ搭乗記にするため、興味のあるカテゴリーへ投票ください。


※海外回線からは投票できません。

みんなの投票結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...





シェアする

フォローする