エミレーツ EK104 アテネ→ドバイ ビジネスクラスとファーストクラス | Emirates EK104 Business Class and First Class Athens to Dubai

スポンサーリンク
エミレーツ航空

夕方頃に、2シンタグマ広場の24時間運行のシャトルバス乗り場に行くとチケット売り場は営業時間外でクローズ。

代替チケット売り場や入手方法の案内もなく、地元民がメトロ駅構内で販売していると教えてくれました。

地下深いメトロ駅から切符を買って往復する時間が無駄なためアテネ空港まではそのままメトロを利用してやってきました。

 

ギリシャ アテネは観光訪問には不親切な街でイラつくことが沢山ありましたが、そんな国ともやっとお別れ。

文化の進んだ国際都市ドバイへ向かいます!

便名:Emirates EK104
飛行区間:アテネ→ドバイ
飛行距離:2,035 miles
出発時刻:23:00(UTC+4)
到着時刻:04:45(UTC+2)
飛行時間:5時間00分

\ 最安航空券を一括比較 /
スポンサーリンク

Athens International Airport


メインロビーの電光掲示板はEU域内路線の表示ばかりでEU圏外の国際線表示がみあたりません。
最後まで不親切を感じます。

チェックイン

EKさん
EKさん

日本までのチケットです!

Nさん
Nさん

ありがとう。でも、ドバイで入国するので、荷物は日本までスルーにせずにドバイで受け取れるようにしてくださいね。

EKさん
EKさん

わざわざドバイへ入国する理由を伺っても?

Nさん
Nさん

乗り継ぎが20時間あるので、ドバイのホテルを予約しているんです。

EKさん
EKさん

理解しました。ドバイまでのチケットに変更します。日本へのチケットはドバイで受け取りなおしてください。

いくらエミレーツの楽しいラウンジとはいえ20時間はツライので、ドバイ市街のホテルで寝ます。

ラウンジ

GOLDAIR HANDLING LOUNGE Athens
アテネ空港にはラウンジがいくつかありますが、プライオリティパスで利用できるラウンジとエミレーツの指定ラウンジは同一でした。

ひとつめはSkyserv Lounge、もうひとつがGoldair Handlling Loungeです。

この2つの中でオススメは、Goldair Handling Loungeでフードのクオリティが違いすぎます。

Emirates EK104 Athens to Dubai


自席に向かうと、座席がフルフラットモードになっています。
どういうことだ?と思ってシートをみてると湿っており酒臭い。

酒まみれのビジネスクラスシートを提供される

座席ポジションコントローラー部は酒塗れになっており、そこに酒が染みこんだせいで勝手にベッドモードになっていたようです。漏電しているのか知りませんが危ないですね。。

Nさん
Nさん

席が濡れているんですが?

EKさん
EKさん

ベッドパッドをお持ちします!

Nさん
Nさん

は?

ビジネスクラスは満席で代替席が用意できないようでした。(座席のメンテができてないことには、謝罪すらない)

EKさん
EKさん

ウェルカムドリンクをどうぞ

Nさん
Nさん

ありがとう。足元に割れたガラスがあるんですが・・・

EK104はニューヨークからアテネを経由してドバイへ向かう便です。

現場の状況から、アテネ到着のタイミングかウェルカムドリンクサービス中にグラスごと座席の肘掛に落としてグラスが砕け散った後だと思われます。


離陸中にもかかわらず、漏電していると思われる座席のため機体の振動がスイッチとなり勝手にベッドポジションに切り替わります。

座席ポジションに戻すように何度も注意されてイライラしてきました。(酒を溢した席を客に提供するからこうなるんでしょ!)

Nさん
Nさん

この座席、勝手にベッドモードになるので直してください。

EKさん
EKさん

責任者を呼んで参ります。

座席についてクレーム入れたところ、ファーストクラスから欧州系の客室責任者がやってきました。
英語で突然ベッドモードになると説明しましたが、うまく通じておらず。。

母国語を聞かれたので、日本語と応えると日本語が話せるCAをエコノミーから連れて来られたので、日本語で再度状況説明すると、座席を修理してくれました。

客室責任者がドライバー使って直すなんて簡単なメカニック作業も必須技能なんですかね。

と感心したのも束の間、5分後には勝手にベッドモードに切り替わったためまたCAを呼び出します。

EKさん
EKさん

ファーストクラスに招待しますので、荷物をまとめていただけますか?

(今頃!? 最初からそうしたらいいのに)

ファーストクラスに機内アップグレード


ビジネスクラスのCAはファーストにアップしてやるから喜べみたいな態度でしたが、ファーストの客室責任者は謝罪から入ってきましたのでイラつきは消失。


ほぼ1年ぶりのエミレーツ スイートです。

前回はA380だったのでB773のスイートは初めてですが、殆ど違いがありません。


ファーストクラス形式でドリンクサービスからやり直しです。

ファーストクラスの機内食

ファーストクラスメニュー

EKさん
EKさん

お好きなものをどうぞ。

Mushroom consomme

空の上でスープを飲めるのが最高の贅沢だと思います。Seasonal salad

Herb-crusted perch fillet

メインはお魚にして付け合せはキノコで発注。パンはいらないと言ったのにオブジェのように飾られてれてました。

デザートはスキップすると、食後のドリンクとお手拭、チョコがやってきました。

ラバトリ


A380より小さいB773機体のためコンパクト。ビジネスクラスともあまり違いが無いように感じます。

アメニティはこれでもかというほど置かれていました。

とてもしっかりした歯ブラシキットで、5ッ星ホテルの歯ブラシキットよりコストがかかっているのが分かります。

スイートのベッド


歯ブラシから戻ると、ベッドがセッティングされていました。

機内設備


A380のファーストクラススイートとの違いはこの小物入れではないでしょうか。
BYREDO Amenity
エミレーツファーストクラス仕様のバイレードのアメニティ

ピローミストからアイクリームまで、バイレードのラグジュアリーな香に包まれることができます。
エミレーツ名物の満点の星空(グッドナイトスター)が輝いていますね。

ドバイ国際空港へ着陸


機外カメラがついていたので、早朝の着陸シーンを見ながら。

Fast Trackを利用して並ばずに入国できました。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました