エミレーツ航空 EK48 フランクフルト → ドバイ ファーストクラス | Emirates A380 First Class Frankfurt to Dubai

スポンサーリンク
エミレーツ航空

いよいよこの乗りヒコーキ旅も帰路に差し掛かり残り2区間!
ドバイへ向けてファーストクラスで出発です。

便名:Emirates EK48
飛行区間:フランクフルト→ドバイ
飛行距離:3,014 miles
出発時刻:22:00(UTC+2)
到着時刻:06:40(UTC+4)
飛行時間:6時間20分

飛行時間は6時間強(東京から東南アジアくらい)と中距離路線といったところでしょうか。

3回目のA380搭乗ということもあり、機内食中心のレポです。

エミレーツ A380 ファーストクラス機内の詳細なレポは、17時間も乗っていたEK449便の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

フランクフルト空港 ファーストクラスカウンター – チェックイン


JALと同じフランクフルト空港のTerminal2にエミレーツのチェックインカウンターはあります。

フランクフルト空港 エミレーツラウンジ

EK48 1A – A380 ファーストクラス機内


席に到着するとアメニティバッグを渡されました。

アメニティバッグの詳細は↓の記事で。

今頃気付きましたが、床が光っています。光るのは天井だけじゃなかったんですね!

ウェルカムドリンクはオレンジを発注。

シャワー利用の有無を聞かれましたが、この飛行時間ではむしろ利用したくないのでパス。


ファーストクラス搭乗ギフトのノートは2019年バージョンに。

コントローラ

Emirates A380のシートは微妙なバージョンアップを重ねています。
フランクフルト線に投入されていたのは、スリムなタブレットを搭載した比較的新しめのシート。

フルフラットモード

天空のルームサービス – DINNING


モクテル(ノンアルコールのカクテル)とナッツ

空の上でこのセッティングはさすがですね!


まずはドイツらしく、ジャガイモスープから。

シーフードから1品目はエビ

続いてサーモン

デザートはチーズケーキ。

ラバトリ


シャワールームが併設されたラバトリではなく、ビジネスクラスとの境にある方へ行ってみました。

まさかの窓付き!

6時間強のフライトはあっというまで、着陸時間が迫ってきました。

ドバイ空港へ到着

Fast Track – Dubai Airport

到着時はファーストトラックが利用できたので、ほぼ並ばずにドバイ入国。

ファーストクラス特権で早々に入国できたため、荷物がでてくるまでヒマしてました。

この後はUBERを利用して早朝のパークハイアットへ移動。

 

旅1812 乗りヒコーキでエミレーツのファーストクラスとLATAM以遠権ビジネスクラス! 大洋州中東欧州4泊9日8区間 もくじ

搭乗記ページへの訪問ありがとうございます。
より役立つ記事にするため、興味のあるカテゴリーへ投票ください。

みんなの投票結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました