クアラルンプール国際空港(KLIA)からKLIA2への移動方法すべて – 無料シャトルバス、KLIA EKSPRESS

スポンサーリンク
KLIA Free shuttle bus クアラルンプール国際空港(KUL)

クアラルンプール国際空港(KLIA)からLCC用ターミナル(KLIA2)への移動には現在3つのルートが存在します。

  • ターミナル間の連絡シャトルバス(無料)
  • クアラルンプール国際空港(KLIA)、LCC用ターミナル(KLIA2)と三井アウトレットパーク(MOP)を結ぶ無料シャトルバス
  • KLIA EKSPRES

それぞれ使い方に特徴があるのでまとめてみました。

クアラルンプール国際空港やKLIA2から、クアラルンプール市内へ安く移動する方法は、別の記事(↓)にまとめてあります。

クアラルンプール国際空港から激安シャトルバスでホテルまで移動してみました。
KLIA(クアラルンプール国際空港)からKLのホテルや中心部までの移動手段として、シェアライドアプリのGRAB、クーポンタクシー、空港連絡鉄道のKLIA EKSPRESS、シャトルバスといろいろあります。 その中でもクアラルンプール中...
スポンサーリンク

ターミナル間用の無料連絡バス(シャトルバス)を利用


マレーシア空港会社が提供しているターミナル間の移動手段。

KLIA Free Shuttle Bus
シャトルバスの色はパープル色が多いのですが、稀に上記写真のような白色のバスも走っています。
FREE SHUTTLEの文字があるか確認して乗ると良いでしょう。

バスは、クアラルンプール国際空港(KLIA)→LCC用ターミナル(KLIA2)→LTCP(駐車場)→休憩→クアラルンプール国際空港(KLIA)の3箇所をぐるぐる回るルートです。

KLIAからKLIA2への移動は10分程度ですが、KLIA2からKLIAへの移動は、LTCPでの休憩を挟むので最低30分以上は見積もっておきましょう。
ちなみに、LTCPに着いたら先発のバスに乗り換えてバスの休憩時間を短縮する方法もありますが、似たようなバスが停車しているので運転手に先発のバスか確認すると良いでしょう。(運転手は英語をあまり理解していない様子)

無料連絡バス(シャトルバス)の車内


KLIAとKLIA2を結ぶターミナル間の連絡バスですので、スーツケース置き場も一応あります。
大きいスーツケースの場合はスーツケース置き場に収まらないので、車椅子用のスペースにうまくもぐりこみましょう。


利用者が集中する時間帯は乗れないリスクがありますが、10分間隔で走っているため少し待てば直ぐに次がきます。

クアラルンプール国際空港(KLIA)の無料連絡バス乗り場

KLIA SHUTTLE BUS
乗り場はKLIAのLevel1(地上階)の4番出口付近にあります。


4番出口をでたら、道路の中央のバス乗り場へ移動します。


このDoor4の看板の下でバスを待ちます。

マレーシア空港会社の案内ページ(英語)に乗り場への大雑把な地図もあります。

FREE SHUTTLE SERVICE TO KLIA2の看板が目印です。

到着ロビーからの移動方法


到着ロビーに出ると、右手にエレベータまたはエスカレータがあるので、看板に従いLevele1まで移動します。

紛らわしいことにLevel1に向かうエレベータが2種類あります。
KLIA EKSPRESと書かれている一方のエレベータはバス乗り場のあるLevel1とは物理的に区切られているKLIA EKSPRES乗り場への専用エレベータのため注意


なお、Level2の看板(上記画像)に「Bus Station Klia2 Terminal」の表示がありますが、有料バスの案内ですのでSamaSamaホテル方面のバス乗り場には向かわないようにしましょう。

LCC用ターミナル(KLIA2)の無料連絡バス乗り場


KLIA2ターミナルでは、ターミナルをでて左手側にあるA10乗り場を発着します。

マレーシア空港会社の案内ページ(英語)に乗り場への地図があります。

KLIA2→KLIAへの移動には要注意

LTCP
LCC用のKLIA2からクアラルンプール国際空港(KLIA)に移動する場合は、間にLTCP(駐車場)を挟むため30分以上は見積もっておいたほうが良いです。(LTCPで10分の停車時間があります)

MOP行きのシャトルバスを有効活用

MOP FREE SHUTTLE BUS
クアラルンプール国際空港(KLIA)から三井アウトレットパークの間は無料のシャトルバスが出ています。
これをターミナル間の移動にも使っちゃおうというのがこの方法。

あくまでMOPへの移動用で用意されているバスなので、ターミナル間の移動に使うのは非公式な使い方です。

このバスは、LCC用ターミナル(KLIA2)→クアラルンプール国際空港(KLIA)→三井アウトレットパーク(MOP)→KLIA2という巡回ルートをとっています。
KLIA2→KLIAへの移動であれば、駐車場を経由しない分だけマレーシア空港会社の用意する公式シャトルバスより早く到着します。

逆にKLIA→KLIA2への移動には、間にMOPを挟むので適していません。
もしこのルートで利用する場合は、MOPでの停車時間もあるので、40分以上は見積もっておいた良いでしょう。
MOPについたら、Beryl’sのチョコレートショップがあったりするのでお土産のチョコでも買えばいいと思います。

MOP SHUTTLE BUSの車内の様子

MOP SHUTTLE BUS
車内には小さめのスーツケース置き場もあります。
爆買い集団がいると、定員オーバーで乗れなかったり荷物が置けない時があります。

空港連絡鉄道KLIA EKSPRESを利用


空港とクアラルンプール市内を28分で結ぶ高速鉄道ですが、ターミナル間の移動にも利用できます。
乗車運賃はMYR2(約60円程度)、所要時間は3分くらいです。

バスのような狭さもなく、スーツケース置き場も多めに用意されているので、一番ストレスなく移動できます。

KLIA EKSPRES
改札付近の券売機や有人カウンターにて、乗車券をクレジットカードで購入できます。

KLIA EKSPRESの車内


車内は清潔で、スーツケース置き場も完備。

クアラルンプール国際空港とKLIA2間の移動手段まとめ

大きな荷物があるなら、荷物置き場が完備されたKL EKSPRESしかありえません。(片道60円程度です)

コスパ派は、KLIA→KLIA2はシャトルバスで10分、KLIA2→KLIAはKL EKSPRESで3分がバランスが取れると思います。

時間に余裕のある節約派は、シャトルバスを使うしかありませんが、KLIA2→KLIAへの移動は30分以上の時間がかかります。
チェックイン締め切り時刻を過ぎないように、余裕をもって移動しましょう。

コメント