イベリア航空 IB3130 マドリード → フランクフルト | IBERIA ECONOMY CLASS MADRID to FRANKFURT

スポンサーリンク
IB3130 2016年末年始:リスボン旅行
IB3130

EU圏内でも3時間近い距離を飛ぶ、イベリア航空のマドリード発フランクフルト行きに乗りました。

リスボンから別切り航空券でもスルーチェックインできたので、マドリード空港では入国せず手荷物検査を受けてラウンジへ直行です。

スポンサーリンク

IBERIA IB3130(JL7842)でフランクフルトへ!

MAD

デザインは最高にイケてるマドリード空港ですが、高所恐怖症にはキツイデザインのガラス貼りエレベータ、アトリウム、ガラス床とそこかしこに罠がいっぱいでした……。

Iberia Dalí VIP Lounge

Iberia Dalí VIP Lounge
受付カウンター横のクロークに荷物は置けますが、防犯カメラや鍵もない上に、フリーアクセスなので無くなったら困るものは置かないようにしましょう。

ラウンジメシ

Iberia VIP Lounge Meal
ラウンジミール類は、サンドイッチやらサラダがコンビニのパック状態で大量に並んでいました。リージョナルラウンジでこのレベルは欧州一だと思います。IAGなのにここはケチくさくない。
野菜を中心に摂取。半端に食べたら余計お腹がすいてきました。

ラウンジの詳細はこちら

マドリード空港のフードコートでは1人前からパエリアが食べられます

PAELLA
ラウンジでサンドイッチという気分でもないので、お昼は空港内の飲食店を見て回ります。
ハブ空港だけあってたくさんの飲食店がありましたが、フードコートに並んでいたパイロットが注文していたパエリアを見てものすごく食べたくなりました。

PAELLA
パエリアが一人前から注文できる上に、EUR8.95でした。

広すぎるよ!マドリード空港

Borading
搭乗が始まって慌てて移動開始。

広すぎるMAD空港
広すぎる!!
端のゲートまではものすごく歩きます。

GATE K91
到着したころには最後の搭乗でした。
乗り遅れには注意しましょう。。

イベリアのリージョナルフライトはLCC並みでした

Economy class#1
割り当てられていたのは、ビジネス真後ろの最前列シート。
ビジネス席とはカーテンで区切っているだけなので、早く降機できる以外のメリットはありません。

IB3130
そして座席はこの狭さ。LCCか!
隣が空いているだけマシでした。

そして離陸。

エコノミールなんてありません

有料機内食メニュー

イベリア航空ではリージョナルフライトには飲食物は提供しないようです。
その代わりレアルマドリード公式ミネラルウォーターである、ソラン・デ・カブラスをEUR2で売りつけています。

有料飲食メニュー#2有料飲食メニュー#2

TAPですら提供しているのに・・・・・・。

フランクフルトへ到着

FRA

フランクフルト上空

フランクフルトに到着するころにはすっかり日もくれていました。

コメント