オークランドのスーパーでWhittaker(ウィッタカー チョコレート)をゲット!

スポンサーリンク
ニュージーランド

ニュージーランドのお土産といえば、マヌカハニーが有名ですが老舗チョコレート屋のWhittaker商品もオススメです。

Whittaker(ウィッタカー)って何?

ニュージーランドで一番有名な100年以上続くチョコレートブランド。
1890年にChristchurchで創業し、現在はWellington近郊のPoriruaという街でカカオ豆の仕入れから、高品質なチョコレート製造までを完全自社完結で提供しています。

スーパーマーケットではウィッタカーズ チョコレートがオトクに購入できる!


Whittakerのチョコは、ニュージランドの街中にあるスーパー(countdownやNew world)でカンタンに手に入れられます。

サイズ 定価(NZD) 補足
板チョコ 250g 5.3 フローズンフルーツ等をコーティングした板チョコがおいしい
板チョコ 100g 4.2 高級ライン。希少材料のフレーバーもあり
バッグ 180g(12個入り) 5.3 個舗装で12個いり

フレーバーも多種多様で自分用の高級板チョコや、バラマキみやげ用のバッグ入りまで豊富!
しかも、スーパーでは1ニュージランドドル引きのプロモーションが頻繁に行われています。

実際に購入してみた!

スーパーで購入したウィッタカーチョコのうち、おすすめだと感じたのはHOKEY POKEYやL&Pといったニュージーランドならではのフレーバーです。

特に、ニュージーランドの国民的レモン炭酸飲料L&Pと、ニュージーランドの国民的チョコレート ウィッタカーの奇跡のコラボ商品であるL&Pフレーバーは外せません。

炭酸レモン飲料を再現したチョコは、昭和~平成世代の日本人には懐かしい味に感じるかも!?

ついでにティータイム用の紅茶として、TWININGSのニュージーランド限定フレーバー「New Zealand Breakfast」を購入。

ニュージーランドのチョコと紅茶でアフタヌーンティーを楽しもうと思います。

オークランド空港の免税店エリアに、ウィッタカー専門ブティックあり

買い逃したあなたには、オークランド空港免税品エリアでの購入も可能です。

ただし市内では1個NZD4.5のものが、4つでNZD24と空港価格で販売されていました。

ますます、スーパーマーケットで手に入れたいですね!

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました