旅1608 東南アジア周遊3日間 以遠権フライト Part3

スポンサーリンク
KL sentral 2016年8月:ジャカルタ-クアラルンプール以遠権旅行

KLMオランダ航空の東南アジア以遠権フライトを楽しんだ初日で旅の目的を半ば以上達成したため、後は旅程を消化するだけです。
クアラルンプール2日目はPAVILIONでのショッピング、ヒルトン クアラルンプールでのスイミングプールとExecutive loungeを楽しむ計画です。

朝食が無料で提供されるHoliday inn Express

HIEXPRESS KL
この日は9時すぎに起きて、1階(日本式2階)の朝食会場へ向かってみました。
Holiday inn Expressの特徴として無料朝食の提供があります。
北米や欧州では、コンチネンタルが多いですが、アジアではホットミールが提供されます。

朝食会場

簡単な朝食が提供される

朝食

朝食会場は満席だったため、ラウンジスペースにて

丁度混雑している時間でした。
朝食会場には、スクランブルエッグ、チキンソーセージ、ポテト、パンやデニッシュ、シリアル類、おかゆ、ミーゴレンと幅広く揃っていました。
急いでる人向けには、パンとコーヒーの持ち帰りパックもありました。
朝食を済ませたら、PAVILIONへショッピングに向かいます。

便利すぎる立地

Holiday inn Express Kualalumpur City center

Holiday inn Express Kualalumpur City Center

GO KL停留所

GO KL パープルラインの停留所までは徒歩1分!

ホテル前にあるGO KL パープルラインの停留所(Wisma Foo Yong)があり、次の停留所PAVILIONまでは1区間、歩いても15分かかりません。
道路の反対の停留所(Wisma MPL)からは、セントラルマーケットやチャイナタウン方面に行けます。
さらにホテル裏手からは、KLモノレール駅(Raja Chulan)まで3分くらいと、とてもよい立地条件です。

GO KL City Busとは・・・
クアラルンプール市街地を走る無料巡回バス。
レッド、ブルー、観光路線のパープル、ショッピングモールを回るグリーンの4路線があり、朝から夜23時まで5~10分間隔で運行している。
http://www.gokl.com.my/
PAVILION

停留所PAVILIONへ到着

PAVILION

PAVILION

乗車2分くらいで停留所PAVILIONへ到着。
他の路線(グリーン、ブルー)に乗り換えるにはこの停留所が便利です。

KL monorailでKL sentralへ

Jalan Tengah

ホテルの裏 Jalan Tengah(テンガ通り)

券売機

モノレールはMRT(鉄道)と同じくICコインで乗車

ホームドア

開きっぱなしのホームドア

KL Sentral

KL Sentral駅(KL monorail)

PAVILIONで買い物を済ませたら、ホテルをチェックアウトしKL MonorailでKL Sentralに向かいます。
ホテルの裏のテンガ通り(Jalan Tengah)から、Raja chulan駅までは徒歩3分くらいでした。
常時開きっぱなしのホームドアから、高架下を覗いたりしていると車両がやってきました。
ここから終点のKL Sentral駅までは6駅です。

nuSentralを抜けて、KL sentralへ

nuSentral

nuSentral

Godiva

KL SentralへはGODIVAが目印です。

KL Sentral(Rail Station)

KLSentral(鉄道駅)

案内板

案内板に従えば迷わず到着できる

KL monorailのKL sentral駅と鉄道のKL sentral駅はだいぶ離れており、両駅はnuSentralというショッピングモールを通って接続されている。
KL monorailと鉄道のKL sentral駅との接続階はフロアが異なっているため、CC階へはエスカレータ前にあるGODIVAを目印に移動するとわかりやすい。
鉄道駅側に到着したら、Hiltonの案内版が出ているので迷わずたどり着ける。

nuSentralで食べ歩き

KTX

nuSentralではKTXを展示していた

フードコート

フードコート

Yong Tau Foo

Yong Tau Foo(醸豆腐)

Yong Tau Foo with raice noodle

Yong Tau Fooとライスヌードル

nuSentralでは、韓国の高速鉄道KTXのアピールブースが設置されていました。先月はJR東日本が、PAVILIONで新幹線アピールブースを設置していたのでシンガポール⇔クアラルンプールを高速鉄道で結ぶ計画への売り込み競争がこんなところでもされているんでしょうね。
少しお店を見て回ったらフードコートへ向かい、マレーシアB級グルメの醸豆腐(Yong Tau Foo)に挑戦します。
麺(ライスヌードル、小麦麺、乾麺)と具(練り物、野菜、豆腐)を選び一緒に茹でてもらい、お好みのスープ(チキン、しょうゆ、スパイシー)で食べるようです。
TV番組で旅番長が美味しいと絶賛していたので期待値はかなりのものでしたが、苦エグい緑色の練り物をチョイスしたため失敗してしまいました。

台湾風たこ焼き

TAKO

TAKKO TAO 小丸子

たこ焼き

小丸子(台式たこ焼き)

nuSentralで買い物中に小丸子(台式たこ焼き)をみつけました。
少しローカライズされているのか、日本のたこ焼きとは違い、ソースが水っぽく、揚げたこ焼きに近い感じです。
具はアワビやエビなどがあるなか、日本語で「たこ焼き」と伝えても通じました。

Hilton Kuala Lumpurは気前がいい

入り口

ツインタワーのため、入り口が隣り合っている

Hilton Kualalumpur

Exective King room #351X

Hiltonでチェックインすると、なんと最上階(35F)のExective King roomを用意していると言われました。
昨年もジュニアスイートにアップグレードされたので、とても気前のいいホテルだと感じます。

Executive Loungeでアフタヌーンティー

ハイティー

ヒルトンクアラルンプールでは、エグゼクティブルーム宿泊者はエグゼクティブラウンジへのアクセス権が付いてきます。
アフタヌーンティーはオーダー形式ではなくビュッフェ形式となっていました。

ヒルトンのプール

Hilton KL pool

プール

スライダー

ウォータースライダーまで!

7階にあるヒルトンのプールは隣のメリディアンホテルのプールともつながっており空中にあるとは思えない広さです。
さらに、プールはスライダーまでついており水遊び好きにはたまりませんね!

Executive Loungeでカクテルタイム

Exective lounge

サラダ

サラダ

ホットミール

ホットミール

カクテルタイムにはライトビュッフェが提供されています。
西洋~マレー料理でそこそこ品数がありました。

クアラルンプールのスカイライン

view
まだまだKLCCには及びませんが、Sentral付近も再開発ラッシュでにょきにょき複合ビルが建設されています。
この夜景も数年後には違った絵になっていそうです。
いよいよ明日は帰国日です。

コメント