[食レポ] グリルステーキシーフード メルボルン| GRILL STEAK SEAFOOD RESTAURANT MELBOURNE

スポンサーリンク
2017年5月:メルボルン旅行

メルボルンで本格的なカンガルーステーキを食べてみたいという要望をラグジュアリカードコンシェルジュに出してみました。
コンシェルジュから紹介されたお店は、メルボルンのカンガルー料理でNO1に選ばれたという、グリルステーキ&シーフードというレストランでした。

スポンサーリンク

お願い!LUXURY CARD CONCIERGE!

ドラえもんばりの万能感がしてならないラグジュアリーカードコンシェルジュに、出発当日のメールで急発注です。
毎回急発注で申し訳ないですが、おかげで旅が何倍もラクに愉しくなっていますよ。

N さん
明日の昼か夜にメルボルンでカンガルーステーキ食べられるお店を紹介してください。予算はAUD80くらいで、ボッチでもOKなお店を希望します。


GRILL STEAK SEAFOOD RESTAURANをご案内いたします。
メルボルンのレストランの中でもカンガルーステーキでナンバーワンに選ばれたこともあり、お肉以外にも魚介類のステーキやパスタなど、豊富なメニューをご用意しています。

ナンバーワン!な煽りにのせられて、このまま18時頃で予約をいれてもらいました。

LC Concierge さん
ご予約を確保いたしました。明日のメルボルンの天気は晴れ時々曇り、気温:13℃~9℃、湿度:70%と東京に比べ気温は低めですので、どうぞご自愛くださいませ。
メルボルンでは素敵なお食事と快適なご滞在をお楽しみください。

南半球は秋なのを忘れていました。薄手のコートも準備しとかないと。
いちいち気が利いていると思います。

海外旅行(ホテル・レストラン)で真価を発揮するラグジュアリーカード - LUXURY CARD FOR INTERNATIONAL TRAVELER.
海外旅行(ホテル、レストラン)での使用を前提としたLUXURY CARDのお得な使い方をはじめ、気付いたこと、体験できたことを紹介します。 長くなるので結論から書いておきますと、海外旅行をしない人はラグジュアリーカードを本当の意味で使...

噂のグリルステーキシーフードへ

リトルバークストリート

ハードウェアレーンへ!

当日はトラムのQueen Stで下車、リトルバークストリートとハードウェアレーンが交わるところを、ロンズデール方面に進みます。
オージーは屋外席で食べるのがブラッディな様子で、あまり店内利用している人をみかけません。寒さや埃は気にならないのかな?
18時くらいであれば屋外席はともかく店内席は混んでいなかったので予約なしでもいけそうです。


店員に予約してたことを告げると、オーナーっぽい人がすっとんできて店内に案内してくれました。
高級店という雰囲気ではなく、少しカジュアルな感じです。
カンガルーステーキと決めてはいましたが、メニューを見るとどれも美味しそうで悩みますね!!
日替わりメニューもあってこの日はパエリア推しでした。

メルボルンでナンバーワンのカンガルーステーキ

Lemon, Lime and Bitters

ガーリックパンも美味しかった

オージーの国民飲料とも言われてるノンアル炭酸飲料LLBを頼んで胃を刺激し、ウォーミングアップ。
GoogleMAPのレビュー数は3桁、評価3.8で期待も膨らみます。
パンは別料金で3種類くらいの中からガーリックブレッドを注文しました。
お腹がすいてきているからかすごく美味しく感じる。

カンガルーの味


一言で表すと、「予想より美味しかった」です。
特にバルサミコを利用したソースの酸味が、カンガルーの脂身の少ない赤身肉(ぼんやり味)にシャープさを補正します。付け合せの野菜とあわせて、肉入りサラダの感覚でいけます。
カンガルーミートはWAGYUと違って、噛み応えもそこそこあるので食事をしている感もしっかりあります。


ルーミートは低脂肪高タンパクで理想の肉とも言われていますが、ケモノ臭さもあるので倦厭される方もいるようです。
こちらのルーステーキは仕込みの段階なのか、このソースの力なのかはわかりませんがケモノ臭さが上手く消されて美味しくいただけました。
実際シドニーで食べたルーサンドはケモノ風味を感じましたが、この辺りがナンバーワンの技術ですね!

シドニーでのカンガルーサンドの記事はこちら

旅1609 オーストラリア連邦 シドニー旅行記 Part3
お昼すぎにCircular Quay駅へ到着。駅前でホテルを探してキョロキョロしているとすぐ見つかりました。 インターコンチネンタルシドニーは大蔵省の建物をリノベしたという、以前から泊まってみたかったホテルなのでチェックインが楽しみです。...

本日のお会計


飲み物とパンをあわせて総額AUD43.05(約4,000円)でした。
オーストラリアでよくあるパターンとして、カード手数料2.5%が上乗せされます。。

H.I.Sでは日本語で予約を受け付けているようです。(手配料1,080円が発生)
https://restaurant.his-j.com/jp/jp/detail/MEL0010.htm

お店の公式ページはこちら(直接オンライン予約も可能)
http://www.grillsteakseafood.com.au/

コメント