食 ハイアーグラウンドカフェ メルボルン | HIGHER GROUND MELBOURNE

シェアする

食 ハイアーグラウンドカフェ メルボルン | HIGHER GROUND MELBOURNE

カンタス機内誌のBUSINESS TRAVEL AWARDS特集でメルボルンで一番の朝食に選ばれていたHIGER GROUNDにブランチにやってきました。
営業時間は変則で、日曜から水曜は7時~16時までの営業、木曜~土曜はOPEN~夜23時までです。

オサレカフェ ハイアーグラウンドへのアクセス


行列のできるというカフェHIGHER GROUNDときいていましたが、平日10時くらいだったこともあり並ばずに入れました。
場所はサザンクロス駅の前なので迷わないと思います。
カンタス機内誌では魚料理(STEAMED BARRAMUNDI)をお勧めしていました。

いざ、オサレ店内へ

パワープラント跡を改装した店内は機内誌通り高い天井で開放感抜群。
壁のレンガも雰囲気だしてますね。入り口で人数を告げると席に案内してもらえます。
席に着いたらついたで豊富なメニューにはBENEDICT EGGを発見!
パンケーキ目当てですが、エッグベネディクト好きの心が揺さぶられます。

看板メニュー? 花のパンケーキを注文!


そんな誘惑を押しのけパンケーキ「RICOTTA HOTCAKE」を注文。
名前はリコッタホットケーキですが、細けぇことはいいんだよ!精神でお願いします。
そんな大雑把な自分でも、このパンケーキを注文すると女子力があがりそうな気がしますネ!

パンケーキのお供にはチャイを注文。スタバのチャイに比べると微妙に薄味でした。
そして、15分かかるからと言われて焦らされていたパンケーキが到着。
チーズ、フルーツ、花びら、葉っぱ、種までまぶされています。メルヘンか!

RICOTTA HOTCAKEを食す!


女子力を底上げしそうなゆるふわな生地に、ほのかに甘いメープルシロップでしっとり感を加えたのが基本のお味。
ゆるふわ生地の中のところどころに、甘酸っぱいベリーやクリームチーズが隠れていますので少しずつ違った味を楽しめます。
さらにゆるふわ生地の上にある種がシャリふわな食感を生み出すアクセントになっています。


物珍しさからくる女子力ブーストのおかげで、なんとか半分までは食べられましたが、甘さに耐えられなくなりました。
正直、甘さとフルーツの酸味だけではこの量のパンケーキはキツイです。
日本男児なので、朝はやっぱり塩いものというか吉野屋の牛鮭定食がたべたくなってきますネ!

COOL(ブラッディ)な場所で、メルヘン級のかわいさ?の料理なので、女子グループとか、カッポーさんでシェアして食べるといいと思います。
甘いのがそこまで得意でもないボッチ男子が訪れる場合は、BENEDICT EGGがオススメですよ!(近くの席でデキそうなビジネスマンが食べてました)