ドバイ空港の仮眠カプセル スリープアンドフライ | sleep ‘n fly at Dubai International Airport

スポンサーリンク
Sleep 'n fly at Dubai International Airport ドバイ国際空港(DXB)

ドバイ空港の中にあるカプセルホテル、スリープアンドフライはエミレーツターミナルとも呼ばれている、ターミナル3のコンコースAにあります。

ランクに応じてポッドとキャビンの2種類があります。

IGLOO SLEEP POD(2時間あたりUSD36~)
200x74cmのフルフラットベッドになるポッド型のリクライニングチェア。シェードを降ろせばカプセルポッドになります。

YAWN CABIN (2時間あたりUSD76~)
4㎡の個室にダブルベッドを押し込んだタイプで7室のみ。

受付でプライオリティパスを提示して手続きすると、ピークタイムの22時~翌日12時間までの間は最大2時間の無料利用、12時~22時までは最大3時間の無料利用が可能です。

スポンサーリンク

スリープポッド

Sleep 'n fly at Dubai International AirportIGLOO SLEEP POD

プライオリティパス所持者が無料で利用できるのはコチラのIGLOO SLEEP PODタイプのみ。

座面クッションを持ち上げると内部が収納スペースになっています。
機内持ち込み可能な荷物サイズであれば収納可能。大きな荷物であれば、受付で預かってくれます。

枕やブランケットはオプションとなっており、必要な場合は受付で購入しなければなりません。(購入した枕やブランケットは持ち帰ることも可能)

無料アメニティ

IGOOLポッドは、そもそもリクライニングチェアもどきですので、ヘッドレストが簡易的な枕になります。
硬さを気にしない人であれば枕は別で購入しなくても良いと思います。

耳栓とおしぼりは無料のアメニティとして提供されます。

ポッド内設備


キャンバス地でできたシェードを降ろすと個室的な雰囲気がうまれます。シェードは取っ手用の穴が開いてるので完全なプライバシーは確保されません。

しかも、紙でできたシェードなので防音性は皆無で空港のアナウンスなどは丸聞こえでした・・・。
なお、シェードは手動で降ろすタイプです。

電動なのは椅子のリクライニング角度調整のみです。(赤く光っているボタンで調整できます)

電源・USB設備


USBポートはヘッドレスト近くと、腰の辺りにあります。
腰部分は電源コンセントも兼ねていますが英国仕様のBFタイプ用のため、日本のプラグは入りません。


簡易テーブルはありますが、ポッド内は飲食禁止です。

有料利用の場合は、事前に公式サイトからオンライン予約も可能です。

https://sleep-n-fly.com/

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました