カンタス インターナショナル ビジネスラウンジ 成田国際空港 | QANTAS INTERNATIONAL BUSINESS LOUNGE at NRT

スポンサーリンク
QANTAS INTERNATIONAL BUSINESS LOUNGE 成田国際空港(NRT)

成田空港第2ターミナル サテライトにあるカンタスビジネスクラスラウンジ。
夜にサテライトから出発する各社の指定ラウンジとなっているため一番遅くまで営業しています。

QANTAS NRT

QANTASのラウンジ紹介ページより


QANTASの公式ページの成田ラウンジの紹介では、何故か香港のカンタスインターナショナルラウンジの写真が使われています。
成田はここまで新しくないので、写真と違う!とガッカリされないように。

スポンサーリンク

ラウンジエリア


和を意識したインテリア。
オーストラリア行きの2便は出発時間が近いため、多人数を収納できるように若干詰め込み感が。

PCエリア

QANTAS NARITA LOUNGE
窓際にはMACがたくさん並んでおり、PCを扱う環境は成田第二ターミナルで一番充実していると思います。
もちろんプリンターも備えられています。

ラウンジメシ



JALラウンジに比べると品数は少なめ。
おつまみ系が多いように思います。
日本のラウンジである点を意識してか、筑前煮とSUSHI(JALラウンジの鮨と比べたらいけません)があります。
ミートパイがある点がオーストラリアっぽい。

シャワー設備


ラウンジの受付で航空券と引き換えに、シャワールームの鍵を借りるというよくある運用です。


シャワールームは換気が追いついていないので、シャワー利用後は湯気でサウナのようになります。
夏場はせっかくサッパリしたいのに、逆に汗ダラダラになるという困った現象が起こります。

海外のカンタスラウンジは逆にエアコンが効きすぎていて、湯冷めするくらい冷えるんですけどね。


バスアメニティは、オーストラリア製の Jurlique(ジュリーク)
ラベンダー&ジャスミンの香りでした。

QANTAS INTERNATIONAL BUSINESS LOUNGE NARITAについて
オススメ度:5/10
それなりに古いラウンジなので、よーく見ると経年劣化を感じます。
ミールは軽食程度でガッツリ食べるものはありません。
そんなカンタス成田ラウンジの良い点は、割と高スペックなPCが多く設置されている点と、シャワーがあまり混雑していない点。

コメント