旅 リスボン(via ロンドン、マドリード、フランクフルト) Part3

シェアする

旅 リスボン(via ロンドン、マドリード、フランクフルト) Part3

Tower of BELEM

旅行時期:2016年12月-2017年1月


今日はリスボン観光回。
ここ2年くらいずっと訪れたいと思っていたポルトガル。
ポルトガル料理や世界遺産にワクワク感がすごい。
でも、新年早々めんどくさいのはゴメンナサイの気分なんで、シントラや最果ての地は取りやめ。
やりたいように行動できるのが、一人旅の良いところですね。

リスボンでの年越しと朝食

akeome

Akeome!

朝食

朝食

平成29年あけましておめでとうございます。
昨夜は年越しの花火が煩くて2度起こされたので寝起きは良くない。
新年一発目の食事をクラブラウンジで摂る。
時差のためかあまり食欲はなかったけれど、生ハムはおいしかった記憶があります。

オサレ系フードコートCais do Sodreへ

こちらは地下鉄の侯爵サイン。リスボン地下鉄は駅を象徴するアートがあって、初めて訪れる駅は楽しめると思います。
バイシャで乗り換えてフードコートで有名なカシス・ド・ソドレへ。

フードコートでランチを済ませたら、世界遺産へ向かいます。

ポルトガル鉄道で、べレンへ

車内は思ったよりキレイ。
車窓からの景色は異国感抜群、トラムも並行して走っているのでノンビリ旅がしたいならトラムもありかもしれません。


べレン駅へ到着。


べレン宮殿の前を通って、ジェロニモス修道院へ向かいます。
ドラクエ世代のためテンションがあがってきました。


エッグタルトの有名店「パステイス・デ・ベレン」がありました。
元旦なのにすごい行列ですね…。
空いてたら寄るつもりでしたが断念。

世界遺産めぐり

ジェロニモス修道院

ジェロニモス修道院
ジェロニモス修道院へ到着!
ドラクエ感がすごい!


元旦なので休館日でした。

反対側に発見のモニュメント。
横断歩道はなく地下道で行けます。

発見のモニュメント


ポルトガル王国の軌跡ですね。
普通の観光客は地図を踏まないように眺めているところに、数人の中国人が地図の上に侵入。
何か叫びながら列島の上でジャンプし始めて周りの中国人がゲラゲラ笑うという恥知らずなショーを強制的に見せ付けられる。
雰囲気ぶちこわしで、さっといなくなる他国の人。


2016年に工事が始まり見られないと聞いていましたが、工事完了していたようできちんと見られました。


彼方に見えるべレンの塔まで歩いてみます。

べレンの塔


休塔日で、橋にも入れませんでした。

べレンの塔の隣には軍事博物館と何かの碑?があり、ちょうど衛兵交代の時間でした。
現代装備なのがイギリスのガードと違うところですね。

サンタ・ジュスタのリフト



ぐるっと周って並んでいたため、諦めました。
次へ!

カテドラル


トラムは満員で乗れる気がしないので、歩いて向かいました。
城に乗り込めるか微妙な暗さになってきました。休城日の可能性もあるし・・・。

リスボン名物 展望台巡り

Jardim Júlio de Castilho

Jardim Júlio de Castilho


Miradouro das Portas do Sol

Miradouro das Portas do Sol
Portas do Sol


どんどん日が落ちてきているので駆け足です。

リスボンの路地裏を散歩

Miradouro do Chão do Loureiro

Miradouro do Chão do Loureiro


旅チャンネルで見たChapitô à mesaというカフェでゴハンの予定でしたが営業しておらず…。
GoogleMAPを頼りにRossio駅方面へ向かいます。


路地裏。人がいないので若干怖い。


この辺りのいろんな家の前に写真が飾られたりしていました。
表札的なものなんでしょうか。

エドゥアルド7世公園



夜は麻薬売買スポットで超危険と言われているエドゥアルド7世公園では新年イベントが開催されていました。

一日中歩き回って疲れたので、ホテルへ引っ込む。





シェアする

フォローする